強く想えば願いはきっと叶う!

七夕では短冊に自分の願いを書いて、笹の葉につるしますが、最後にそうしたことをやったのはいつだっけ?・・・と思うほど遠い昔のような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

願うだけではなく、強く信じ、そして行動を起こすと、たいていのことは実現すると思います。

それくらい「信じる力」にはものすごい威力があります。

例えば、こんな話があります。

会社であるプレゼン資料を作っている際に、上司から「明日までに粗々でいいから前半部分を作っておいてね」と指示された部下が、「前半部分を全部分」と聞き間違えて「全部分って結局全部ってことか!こりゃ大変だ!」と思って真剣にプレゼン作成に取り組み、翌日までに全部を仕上げて上司に提出した・・・と。

上司は、1日で全部を作るのは無理だろうからとりあえず「前半部分」と言ったつもりだったのに、全部仕上がってきたのを見て当然驚きます。

これは部下が「全部を作るのは当たり前だ・・・」という強い思い込みを持っていたからこそ成し得た出来事です。

また、こんな例もあります。

ある営業マンが上司からこう言われます。

「君が担当するA地区から問い合わせがあって、先方は最後まで名乗ってくれなかったんだけど、商品にかなり興味があって資金的にも余裕がありそうで、出会うことさえできればすぐにでも契約が成立しそうなんだけど、どこの誰か見当がつくかな?」

「いえ、ちょっと見当はつきませんが、私の担当地区であれば何とか頑張ってみます」

そう答えたその営業マンは一軒一軒丁寧に担当地区を営業活動で回ったところ、思ってもみなかったところで見事に契約がとれ、内心では「上司が言っていたのはここだな・・・」と思っていました。

ところが、先の上司の言葉は上司のカン違いで実はB地区からの問い合わせであった・・・と気づいたのはそれから少ししてからでした。

この話の興味深い点は、きっかけはどうであれ、その営業マンは「自分の担当地区にすぐにも成約しそうな見込み客がいる!」と信じ込んで行動した・・・ということです。

その思い込みが行動と営業トークを自信あふれるものとし、「できないほうがおかしい」というくらいの良い意味での錯覚をもたらしたのだと思います。

これを自分で自ら創造的に起こすことが重要です。

つまり、自分にはできる!できないほうがおかしい!今はダメでも次はうまくいくかもしれない・・・などと自分自身を強く信じて(=それだけ真剣に本気になって)行動をすれば、願いはきっと叶うと思います。

短冊に願いを書くのも良いのですが、何よりも自分を信じ行動する事が大事で、すると「信じる者は救われる」・・・になるのでしょうね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…
  2. 2017-11-18

    身だしなみとお洒落(オシャレ)の差

    最近は「身だしなみ」という言葉をほとんど聞かなくなりました。 普段お洒落には無頓着な私ですが、…
  3. 2019-5-3

    説教をするお金持ちはニセモノ

    ある程度の人格者であるお金持ちは「自ら進んで他人に説教をする」なんてことは決してしません。 …
  4. 2019-4-6

    企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

    中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。 中…
  5. 2017-11-14

    【リーダーシップ】下の世代に受け継いでもらうこと/もらわないこと

    ハンムラビ法典にある「目には目を歯には歯を・・・」というのは、要はやられたらやり返せ!ということで、…
  6. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…
  7. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  8. 2021-4-6

    大事なのは「月収」より「資産」のほう

    海外では「永住ビザ取得」のために必要な要件というのが、それぞれの国ごとに定められています。 &…
  9. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  10. 2019-9-7

    本を買いすぎて貧乏になった人はいない!

    自己破産をしたり、貧困生活を送る羽目になってしまう主な原因は「過剰な消費活動」にあります。 も…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る