資産“形成”に必要なもの

資産を形成するために必要なものは、何と言ってもまずは「資金」であり、次に「時間」です。

 

資金が当たり前なのは誰でもわかりますが、「時間」が必要だということに多くの人は気づいていません。

 

そのため「すぐに資産形成できるには?」という勘違いの発想を前提に物事を考え始め、やがて「すぐに」資産が形成できないことを嘆き、悲しみ、時には恨み、そしていつしか資産形成から「離れて」いきます。

 

せっかく資産形成に着手し始めたのに、すぐに結果が出ないからといって諦めてしまうのはもったいない話です。

 

資産形成の代表格は「現金」ですが、その他には「株式・不動産・債券・貴金属・骨とう品」などが挙げられます。

 

どれも落ち着いて考えてみれば、形成される≒増えていくには「時間が必要」なことはすぐにわかります。

 

時間をかけて、最初は小さかった(少なかった)ものを大きくする(増やす)・・・という発想が大事です。

 

資産“形成”とはよく言ったもので、これを資産“運用”と言うと元々資金力のあるだけしか縁がないものになります。

 

でも、資産“形成”だと考えれば、イチから資産を作り上げていく感じがします(ゼロからではありません。ゼロからだと元手資金がまったく要らないことになりますから・・・)。

 

資産形成に時間が必要だとわかれば、始める年齢が若ければ若いほど良いスタートを切ることができると言えます。

 

実際、若いうちに始めるといろんな経験ができるので、仮に途中で失敗の経験を踏んでも後に挽回する機会がいくらでもあります。

 

これが歳をとってからのスタートだとそうはいきません。

 

やり直しがきかない/やり直す時間がない・・・となり、そのため何かをするにしてもより慎重にならざるを得ず、それがいろんなブレーキとなって資産形成活動に支障をきたします。

 

最初は多額のお金を要しないでスタートできる・・・と理解できれば、ほとんどの人は今すぐにでもスタートすることができると思います。

 

何はともあれ「まずはやってみる」という姿勢が大事です。

 

そして、少しづつ経験値を高めて自分なりの投資スタイルを確立させていくと良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-18

    【重要】「収益還元法」による不動産投資の考え方

    不動産投資を行なう人は、当然のことながら自分が投じる資金を元にして「収入を得たい」と思っています。 …
  2. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  3. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  4. 2018-3-11

    成功は約束されなくても「成長」は約束される…

    人間は、今、自分が決して安全地帯にはいないんだ・・・という自覚を持っていると、真剣になり、集中し、必…
  5. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…
  6. 2016-12-29

    北斗の拳/ラオウの最期の言葉

    『北斗の拳』というマンガでラオウが自分の人生最期に放った言葉「我が生涯に一片の悔い無し!」というセリ…
  7. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  8. 2017-1-25

    【注意!】「リボ払い」の怖いところ

    クレジットカードで買い物をするときは、「一括払い」が大原則です。 お金の教養のある人は、間違っ…
  9. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  10. 2017-5-14

    事実と意見の違いに注意を!

    本を出版するときは必ず「プロフィール」を記載します。 これがけっこう曲者(くせもの)です。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る