「理由」で動くことがナンセンスなわけ

サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。

理由というのは過去に紐づいた発想であり、目的というのは未来に紐づいた発想です。

・・・・・・・・・・・・・・・

転職を希望するとき、その主な原因がどんなことにあるのか?・・・と聞くと、多くの人は「今の会社の不満」に原因を見い出します。

人間関係であれ、待遇であれ、給料であれ、何らかのことで「今の会社が不満だから・・・」という理由で転職をしようとするわけです。

ところが、理由は過去に紐づいた発想法で、その過去の事というのは、一見すると理由に見えますが、その実は「全然理由にならない」シロモノです。

たとえば、今の会社の上司と相性が合わないから・・・と言って転職をしても、次の会社の上司と相性が合う保証はどこにもありません。

↓ ここがポイントです。

また、たとえば、会社で何かのプロジェクトメンバーの募集があったとき、「これまで私はその仕事をしたことがないから、やってみたいです」という人もいれば、「これまで私はその仕事をしたことがないから、やりたくありません」という人もいます。

前段の「これまで私はその仕事をしたことがないから」というのは「理由」に該当しますが、まったく同じ理由であるにもかかわらず、その後に続く後段の言葉は人によって真逆の答えになっています。

→ つまり、理由というのは答えを出そうとするに当たってはまったく意味がなく、ただの修飾語にすぎない・・・ということです。

過去に紐づいた理由ではなく、目的で動くことが大事です。

転職活動で言えば、今の会社や仕事内容がどうであれ、「次に見つけた会社や仕事をやりたいから挑戦する」のであれば、目的に沿った行動と言えます。

目的の場合は「やりたいから」やる・・・であり、「やりたいから」やりません、というヘンな言葉にはなりません。

ここが理由と大きく異なる点です。

つまり、目的で動くことには正当性があるけども、理由で動くことには正当性がなくナンセンスである・・・ということです。

ビジネスマンが目的で動くのはこうしたことも背景にあるのだと思います。

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  2. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  3. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  4. 2018-3-11

    成功は約束されなくても「成長」は約束される…

    人間は、今、自分が決して安全地帯にはいないんだ・・・という自覚を持っていると、真剣になり、集中し、必…
  5. 2018-2-25

    信託形式の投資・運用には要注意!

    未上場の株式を購入する場合や、不動産を購入する場合などでは、その実物を実際に目で確認することができる…
  6. 2017-12-17

    【必読】借金返済が一生終わらないのはダメなことなのか?

    一般的に「お金を借りる」と、その後は「元金+利子の返済」となります。 着実に実行していけば、か…
  7. 2021-9-6

    【重要】「持ち家志向」の前に持つべきものとは?

    これまでの日本人の人生設計の中には「持ち家志向」が根強くあったと思います。 社会人になった後、…
  8. 2022-7-9

    周囲の状況は「自分」を映す鏡のようなもの・・・

    W・クレメント・ストーンの言葉に 「環境選びは慎重にしましょう。 なぜなら、環境はあなた…
  9. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  10. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る