月々9万円強で「1,000万円」を買う?

不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。

仮に「1,000万円の融資/金利2%/返済期間10年」という条件を受けたとすれば、月々の返済額はおおよそ92,013円です。

約9.2万円を毎月支出(支払い)することができるなら、一時的に1,000万円という大金を手に入れることができるわけです。

極端に言えば、月に9.2万円出せるのなら1,000万円を生み出したのと同じです。

その1,000万円を使って消費・浪費してしまったら、残るのはただの借金になりますが、1,000万円を使って不動産物件を購入し、そこから家賃を得ることで9.2万円を返していけば実質的な持ち出し額(支出額)はゼロ円とすることも可能です。

最悪の場合で入居者が見つからずその物件から1円も家賃収入がないとしても、元々9.2万円を支出する算段ができていたなら何の問題もないわけです。

特にサラリーマンの場合だと、毎月の給料がほぼ定額で読めますし、仮に毎月貯金を9.2万円以上している人なら経済的破綻はないと言えます。

大事なことなので、もう一度言うと「仮に、毎月9.2万円を貯金している人であれば上記の条件で1000万円を借りても経済的破綻リスクは限りなくゼロに近い」と言えます。

つまり、この場合の借金は怖くない!・・・わけです。

今の例では「返済期間10年」というかなり短い設定で試算しましたが、実際には20年・・・30年という長い返済期間で借りるケースが多いと思います。

そうすると、ますます毎月の返済額は少なくて済みますから、家計にとって安心です。

1,000万円という金額も自在に組み直して、3,000万円・・・5,000万円・・・1億円・・・という計算をシミュレーションしてみると良いと思います。

マイホーム購入で住宅ローンを3,000万円~5,000万円ほど組む人は多いですから、それを考えれば同じことです。

むしろマイホームは完全に自分だけの支払いになり1円も新規にお金を生み出しませんが、家賃収入を得られるのなら、実質的支払額をゼロにすることもできます。

同じ借金だと考えれば、マイホームを購入して支払うローン返済のほうが支払えなくなるリスクは高いと言えます。

いずれにしても団信(団体信用生命保険)をつけることで、自分の借金を家族に相続させることは回避できます。

発想を変えて考えると「月々9万円で1,000万円を買える」わけですから、借金に対してのイメージが変わり、新たな方向性が見えてくるかもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-10-12

    「稼ぐ」→「増やす(投資)」→「増やす(再投資)」

    多くの人が「当たり前」だと思っていることとズレた道を選択するには勇気が要ります。 常識とされて…
  2. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  3. 2018-4-9

    新入社員は「教わり上手」になろう!

    新入社員が入社して、早や一週間が経つ時期です。 新人さんたちはまだまだ仕事に不慣れなハズですが…
  4. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  5. 2019-12-27

    お金を稼ぐ力は長期目線に立って考えると良い

    日本のプロ職人、社員、アルバイトなどの報酬・給料を時給換算した場合、その職種等によって約100倍近く…
  6. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  7. 2017-2-3

    経済的自由を得るには?

    普通の一般的な人が「経済的自由を得たい!」と思うなら、経済的自由を得るためのレールに乗ることが大事で…
  8. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  9. 2016-11-14

    女性の化粧に学ぶマネジメント術

    サラリーマンは理由で動きます。 ビジネスマンは目的で動きます。 ・・・・・・・・・・・・…
  10. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る