大金を遺すこと(遺産)は必ずしも子のためにならない

親としては自分の子どもにそれなりのお金を遺してやりたい・・・と少しは思うものです。

 

でも、時には、それがかえって仇となり、子どものためにならない場合もあるので要注意です。

 

よく言われるのが相続が「争続」となってしまうケースです。

 

子ども同士が親の遺産でいがみ合う姿は醜いものですし、それによって兄弟姉妹の仲に亀裂が生まれてしまうのもうまくありません。

 

・・・・・・・・・

親が子どもに遺すお金があまりに大金過ぎると、普段そんな大金を扱ったことのない子どもは戸惑うかもしれません。

 

戸惑っても、そこですぐに落ち着きを取り戻して最初からなかったお金だ・・・と割り切り、いつもどおりの生活を送れるようなら問題ないのですが、大金を手にして心が舞い上がってしまい、生活パターンを悪いほうへ乱してしまったらうまくありません。

 

人は「与えられると思考停止する」ものです。

 

物乞いがなぜ物乞いから抜け出せられないか?というと、与えられることに依存し、そこから脱する方法を自分の頭で考えようとしなくなる(=思考停止状態になる)から・・・とはよく言われることです。

 

依存する生活に慣れてしまうと、自分の人生の次元(レベル)を上げる意識が薄れ、そうしたことを考えなくても別に日々の生活に支障がないことがますます意識を薄れさせ、自身の成長意欲/上昇志向が失われ、やがては現状維持を求めるようになりがちです。

 

困難に立ち向かおうという勇気も湧かなくなります。

 

親が子どもに多額のお金を遺してしまうと、子どもが人生の醍醐味を味わう大事な機会を奪ってしまうことにつながるかもしれません。

 

「与えられるだけの状態・仕組み」には、人を創意工夫や努力・挑戦姿勢から遠ざけてしまう作用があります。

 

子ども自身が普段から大金を扱っているような状態にあれば、子どもに多額の遺産を遺しても特段問題なさそうです。

→ 親が手を貸せるなら、生前のうちにそうした環境下に子を置けるように手伝うことも一手だと思います。

 

まあ、そんなことを考える前に、子ども自身が自分自身の経済的自立や自由を確立させる意識を強く持つことが大事であり、親は自分のお金は自分が使う・・・という意識を持つことがベターなのかもしれないですね。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  2. 2018-10-10

    住宅ローンと団体信用生命保険と不動産投資の使い方

    「30代の子ども有りの夫婦」が住宅ローンを組んで自宅を購入する場合、一般的に多いパターンとしてはこう…
  3. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  4. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  5. 2021-3-18

    金の卵を産むガチョウを何羽飼っていますか?

    イソップ童話に、次のような話があります。 自分の飼っているガチョウが黄金の卵を産んでいるのを農…
  6. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …
  7. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  8. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  9. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  10. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る