目に見えない妄想にいつまでも囚われてはいけない

一休さんのとんち話はいろいろありますが、その中の一つにこんなのがあります。

あるとき、一休さんがとんちで有名になっていることを快く思わない町の権力者が、一休さんを家に呼び「虎の絵が描かれた屏風」を見せてこう言います。

「実は、この虎が毎日屏風から出てきて私を脅かすので困っているのじゃ。一休禅師にはできないことはない、と聞く。どうかこの虎を退治してはくれぬか・・・」と。

一休さんはしばし考え、「わかりました」と言うと、着ていた着物をめくりあげ、虎退治をしやすいように紐(ひも)で結わえてこう言います。

「さあ、準備は整いました。いつでも虎を退治して見せましょう。それではどうか今から虎を屏風から追い出して私の前に寄こしてください・・・」と。

当然、屏風に描かれた虎が出てくるはずはありません。

町の権力者は自分の負けを認めて、改めて一休さんのとんちに恐れ入った・・・とか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あるとき、禅の創始者「達磨大師」に弟子の慧可(えか)がこんな相談をします。

「私の心はたくさんの不安で乱れています。大師さま、どうか私の心からこの不安を取り除いてもらえないでしょうか?そうすれば私は安らかな心、動じない心でもっと修行に打ち込めることでしょう」と。

慧可の相談に達磨大師はこう答えます。

「わかった。お主の心から不安を取り除いてあげよう。では、まず、その『不安』とやらをお主の心から取り出して私の前に出してみてくれ。お主が言う『不安』を見せてくれたら、いくらでもその不安を取り除いてあげよう』・・・と。

慧可は困りました。

なぜなら、そう言われても「不安」というのは心の中にあるもので実体がないからです。

そしてハタと気付きました!

「そうだったのか!自分が不安だと思いこんでいたものの正体は、実は自分が勝手に作り上げた『妄想』に過ぎなかったのだ・・・」と。

それ以来、慧可は動じない心で修行に励むようになった・・・とか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間には良くも悪くも想像力があります。

そのおかげでさまざまな素晴らしい発明もしてきましたが、一方で日常生活ではさまざまな良くない想像をして自分で自分を苦しめてしまっていることがあります。

想像力が勝手に作り上げる「不安」は妄想に過ぎない・・・と思うほうが人生はベターだと思います。

1年前の不安を覚えている人なんてほとんどいません。

2年前の不安を覚えている人なんてもっといません。

3年前の不安を覚えている人はもっともっといませんし、5年前、10年前の不安になれば覚えている人はほぼ皆無です。

想像力が勝手に作り上げる「不安」という妄想に心を乱されないことが大事です。

「他人が自分のことを△△だと思っている」という思い込みも「不安」と同じです。

誰もそんなことは思っていません。

ネガティブに物事を考えすぎないように気をつけて、むしろどんなことでもポジティブにとらえるように意識するほうがベターだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  2. 2016-12-14

    【必読!】不動産投資で気をつけるべき「3つのポイント」とは

    マンションを買って家賃収入を得よう!・・・と最近は、本当にいろいろなところで取り上げられるようになっ…
  3. 2016-6-9

    舛添都知事と囚人のジレンマ

    舛添都知事の答弁で、千葉県のリゾートホテルで面談した関係者は元新聞記者の出版会社社長とのことらしいで…
  4. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…
  5. 2017-1-31

    文句を言いたげな社員を味方にする方法(ソクラテス式のマネジメント術)

    サラリーマンというのは自分勝手な生き物で、入社するときはさんざん美辞麗句を並べて、何とか採用してもら…
  6. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…
  7. 2018-3-30

    【重要】お店商売の極意とは?

    お店商売では、お客さまに関して最低でも次の2つのことを考えて商売することが大事です。 その2つ…
  8. 2019-8-10

    親の遺産を当てにしないで生きる姿勢

    相続で「争続」になる人がいます。 意外なことに、そういった人は高額の遺産相続で揉めるのでは…
  9. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…
  10. 2018-4-29

    なぜ「やってしまった後悔」のほうが良いとされるのか?

    後悔とは「結果」に対して抱く感情ではなくて、「プロセス」に対して抱く感情です。 そして、後悔に…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る