やる気に火がつくセリフ/火を消すセリフ

社員には「やる気のある」社員と「いる気のある」社員がいるように思えます。

「やる気がある」ということは文字通り「行動をする/仕事をする」という意識が前提となっていて、一方で「いる気がある」ということは「所属する/組織ぶら下がる」という意識が前提となっています。

前者は「仕事を頑張って成果を出して貢献しよう」という気持ちがあるわけで、主にビジネスマンに多くいます。

後者は「会社にぶら下がって給料さえもらえればそれでよい」という気持ちなのでサラリーマン意識の社員です。

意識が顕在化しているかどうかは別として、そういった二つの相反する意識からスタートしているので、仕事上の行く末も別々の方向に向かっていきます。

どちらも採用時にはわかりません(判別できません)。

また、最初は前者だったのに何らかのことが原因で後者になっていく人もいれば、逆に後者から前者に転じていく人もいます。

上司・管理職は自分の部下・社員が前者でいられるようにマネジメントをすることが必要ですし、決して後者のような社員を野放しにすることもないようにすることも大事です。

極端に言えば、「いる気」だけの社員は早めの対応/一掃が必要です。

腐ったリンゴは他の果実をも腐らせるように、ダメサラリーマンはどこかで見切りをつけないと他の社員にも悪影響を及ぼしかねません。

・・・・・・・・・・・・・

ある生命保険の調査で社会人1~2年目の男女に聞いた「先輩に言われたら、やる気を奪われてしまうセリフは?」というアンケート調査があります。

それによると、こんな結果だったそうです。

1位「この仕事向いてないんじゃない?」(31.0%)

2位「やる気あるの?」(25.5%)

3位「ゆとり世代だなあ」(23.7%)

4位「私が若いころは◯◯だったよ」(22.9%)

5位「そんなことは常識でしょ」(18. 2%)

総じて言えるのは、どれも1~2年目社員の現・適正を否定しているセリフに聞こえます。

人格否定とまではいかないまでも、若い社員の存在や行動や考え方を頭から否定し、あたかもそれらが悪いこと・間違っていることだと決めつけているような感があります。

意欲を認めない/世代でひとくくりにしている・・・などといった十把一絡げの発想で自分を正当に評価してもらえていない・・・と若い社員は感じるのかもしれません。

先輩社員の何気ない一言で入社間もない若い社員のモチベーションが下がり、意欲を失わせてしまうとしたらもったいない話です。

なぜなら、先輩社員はあくまで先輩社員であって、その若い社員の人事権を持つ管理職・リーダーでもなければ、その会社を経営している社長や役員でもないからです。

他にも
「前にも言ったと思うんだけど?」(14.0%)
「ちゃんと考えたの?」(13.3%)
といった知識不足や能力不足を指摘するような言葉を浴びせるのもモチベーション低下の一端となっているようです。

逆に、仕事で失敗したときや落ち込んでいるときに先輩に言われるとやる気に火がつくセリフは?

というと、

1位「君がいて助かった、ありがとう」(43.0%)

2位「本当によくがんばった」(30.7%)

3位「何でも相談してね」(25.8%)

4位「一緒に乗り越えよう」(24.8%)

5位「よくそこまでできたね」(17.5%)

などだったそうです。

感謝の念や共感や存在肯定などがやる気を高めてくれるようです。

さもありなん・・・ですね。

こうやってみると、別に特別な言葉ではなく、誰もが言われて嫌な言葉は誰もが嫌だし、誰もが嬉しく思える言葉は誰もが嬉しいということが言えそうです。

「やる気のある社員」を少しでも多く増やしていくことが組織運営では大切になります。

先輩社員や上司の立場にある人の日々の行動に少しでも役立てば幸いです。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…
  2. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  3. 2016-12-23

    【知ってましたか?】ATMで1万円を「千円札10枚」で引き出す方法

    人から教えてもらったやり方ですが、最近のATMは相当賢いようで、お金をおろす時にちゃんと券種まで理解…
  4. 2018-1-15

    楽しいからラク⇄ラクだから楽しい

    漢字で書くと「楽しい」も「ラク」も「楽」という字ですが、楽しいとラクはちょっと違います。 楽し…
  5. 2018-2-1

    己を奮い立たせる言葉を持とう!

    サラリーマンの多くは、歳を重ねるにつれて会社内で地位が上がり、経済的にもゆとりができて、若い頃を振り…
  6. 2018-7-8

    「お金」は本当に存在しているのか?

    ちょっと極端な例ですが、国民全員がある日急に自分がお金を預けている銀行に行ってその預金額のすべてを引…
  7. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  8. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  9. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  10. 2022-8-2

    資産“形成”に必要なもの

    資産を形成するために必要なものは、何と言ってもまずは「資金」であり、次に「時間」です。 &nb…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る