確定給付年金から確定拠出年金へ・・・

従前の日本企業の年金と言えば、「確定給付年金」という概念でした。

これは将来に支給する年金額を最初から確定しておいて、そこから逆算して現役時代の年金保険料(掛け金)を決めるものです。

仮に年率5%としたなら、その年率で老後にお金が給付されることがすでに約束されているので、もらう側としては自分の年金額を読みやすく(想定しやすく)、それを見越して生活設計を立てることができました。

企業側としてはその年率が普通に出せているうちは良かったのですが、バブル崩壊後の日本経済下ではそれが難しくなり、かなり重荷になり、ついにはそれ以上の利率をはじけ出せず「逆サヤ」状態となっていきました。

それが意味するのは「(企業側にとっての)赤字の垂れ流し」・・・です。

そこで新たに用いられるようになったのが「確定拠出(型)年金」という発想です。

これは、将来の年金額は確定されておらず、確定されているのは「今出す掛け金の額=拠出する年金保険料」のほうです。

掛け金を自分で決めて拠出し、その資本を会社側ではなく拠出する本人(社員)が自分で運用して老後の受給額として受け取る仕組みです。

上記の例で言えば、会社が5%を保証することはなく、社員本人でいくらでも好きに運用して高い利回りを出してくださいね~といったものです。

自分の責任下で自分で運用する・・・とは、言葉としてはもっともなことで立派なのですが、まさに「言うは易く行なうは難し」です。

非常にクセモノです。

普通の一般人・・・社員たちがそれほど高い利回りで自ら運用をするなんてちょっと考えれば「簡単ではない」と気づけます。

大きな流れで言うと、「会社はもう利回り保証はできないので(←それほど運用することは難しい/専門家だってそこまでの能力がない)、後は自分で運用して高い利回り出してね(←社員本人だったら高い利回りが出せるでしょ?!)」ということです。

論理的に考えて普通の社員がそれを可能とすることはほぼない(だって会社側だってできないのだから)と言えそうですが、でも世のなかの流れはそうした方向に傾き、今日があります。

確定拠出型年金を活用している人は年々増えていると思いますが、あまり自分の遺産運用のスキルを過信しないほうが良いと思います。

もちろん、中には非常に優れた人もいらっしゃると思いますが、でも、そうした人はごく少数だと思います。

確定給付型から確定拠出型に流れが変わったとしても、それとはまったく別のところで自らの資産を増やしていく思考を持つほうがベターかもしれません。

少なくとも、限られたお金(資金)をどこに費やすかの選択肢をそうやって複数持っておくことは大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-12-12

    【成功の秘密】収益不動産を一戸買ったとき誰も見向きもしなかったけど…

    昔からよくある話ですが、世の中で偉人と呼ばれる人も別に生まれた時から偉人だったわけではなく、人生の中…
  2. 2017-2-8

    お金の失敗を早く経験することも大切

    外国の子どもは「働かないとお金を手に入れられない」という発想が身についていると言われます。 そ…
  3. 2021-5-3

    失敗しにくいビジネスの条件8つ

    ビジネスにもいろいろありますが、次に挙げる条件をすべて満たしていれば失敗を回避できる確率がグッ!と上…
  4. 2017-11-3

    毎月の生活費に困らない人の2つの共通点

    人が生きていくうえでお金は必要不可欠なものですが、そうした「生活するお金に困らない人」にはある特徴が…
  5. 2018-3-11

    【重要】税金を払ってから資産を買うか、資産を買ってから税金を払うか?

    昔、不動産投資を勉強し始めたころに「目からウロコが落ちた学び」がいくつもありました。 そのうち…
  6. 2021-5-27

    年会費の位置づけ

    世の中にはいろんな「会員制度」があって、身近なところではスーパーや美容院や飲食店などがあります。 …
  7. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…
  8. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  9. 2021-5-14

    FIREに学ぶ「支出から割り出す」財資産の金額

    昨年、アメリカでは「FIRE」と呼ばれるライフスタイルが注目され、それに関する本がよく売れたそうです…
  10. 2017-12-16

    出来事は一つ、人生はそのとらえ方次第です

    たった1つの失敗で自信を喪失した人は、その出来事を「人生最悪の過去」と記憶しているかもしれません。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る