お金に色はついていない/どう稼ごうとお金はお金

日本では「汗水垂らして稼ぐお金は尊い/汗水垂らさずに稼ぐお金は尊くない」というヘンな価値観がいまだに残っているかもしれません。

 

でも、最近の若い人ほどそうした価値観に縛られることなく、「どうやって稼ごうともお金はお金で同じ」という認識が広まっているように思えます。

 

実際、お金に色はついておらず、1万円札は日本中どこへ行っても1万円として通用しますし、1万円としての価値を認めてもらえますから、あまり「稼ぐときの汗水の度合い」は気にする必要はないと思います。

 

これらの違いは倫理観・道徳観というよりも、単純に価値観の違い・偏見というものだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
社会では何をするにも「お金」は必要です。

 

そして、その金を稼ぐにあたって多くの人は「自らの身体の就労」という手法をとります。

 

それを美化して「汗水垂らして・・・」と呼びます。

 

それによって一時的・短期的には確かにお金が手に入るので経済的不安はなくなります。

 

でも、長い目で見たら、単に「組織に属することでお金(給料)を得ているだけ」で「自らのスキルでその安定を確保しているわけではない」・・・と気づけると思います(気づくことが大事です)。

 

「自らのスキル」でお金を稼いで経済的不安を解消している人は立派です。

 

そうした人はその状態を長く保てるように工夫と改善を凝らしていけば良いと思います。

 

でも、もしそうでないとしたら・・・自分の身を振り返って「自分は組織に所属しているだけでお金を得ているな」と思うなら、早期にその状態を脱出する手立てを講じたほうが良いと思います。

そうやっていきつく先には必ず「投資の概念」や「権利収入の概念」が付きまとうハズです。

 

だからこそ、若いうちにそうしたことを学び、実践して経験し、自分なりにその経験値を昇華して高めていくことが大事です。

 

老後に国からいただく「公的年金」だって言わば「汗水垂らして得たお金ではない」わけですが、お金に色はついていないのですからそんなことは気にする必要はありません。

 

気にすべきは、「早くお金を稼ぐ自己スキルを身に付ける」ことや「投資・権利収入について学ぶ」ということのほうにあると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  2. 2018-9-26

    企業の成長期・発展期は借金経営のほうがベター

    一般的には、家計において借金はしないほうがベターです。 なぜなら、その借金は「消費」に充てられ…
  3. 2018-3-3

    【必読】経済的自由を手に入れるための発想とは?

    世間のほとんどの人はお金を稼いだらそれを消費にまわします。それがある意味常識になっていると思います。…
  4. 2018-4-29

    なぜ「やってしまった後悔」のほうが良いとされるのか?

    後悔とは「結果」に対して抱く感情ではなくて、「プロセス」に対して抱く感情です。 そして、後悔に…
  5. 2020-6-6

    10万円の給付金/100万円の融資金

    「借りた」お金であれば、当然「返す」必要がありますから、将来の返済のことを頭の片隅に置いたうえで借り…
  6. 2022-1-5

    子どものお小遣い/サラリーマン化の伏線

    幼い子どもは親からお小遣いをもらうことで「自分のお金を得る」ようになります。 …
  7. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  8. 2017-2-22

    お金で時間を買う/時は金なり

    A地点からB地点に行くとします。 A地点からB地点に一直線に行くことが効率的で、寄り道して回り…
  9. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  10. 2017-9-15

    【注意!】お金を貯めたくても貯められない人の共通点

    サラリーマンをお金を貯められる人と貯められない人を分けたとき、最初からお金を貯めるつもりがない人は別…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る