自宅用に購入した不動産を賃貸にまわす

サラリーマンとして働く別々の2人がまったく同じ4000万円の家を購入したと仮定します。

 

Aさんはその家に自分が住み、毎月10万円のローンを返済します。

 

Bさんも毎月10万円のローンを返済しますが、その家を他人に貸し出して家賃15万円をもらうことにしました。

そのため、実質的な自分の持ち出し金はなく、逆に毎月5万円の収入が増えていきます。

 

どちらの人も「不動産を購入したこと」に変わりはありませんが、その購入した不動産を「お金を支出する財負債」としているか、「お金を生み出す財資産」としているかが大きな差異です。

 

スタートは同じでも、得られる結果は短期的にも長期的にも異なります。

 

また、Aさんの場合、ローン返済の原資は自分が毎月会社からもらう給料ですから、何らかの事情で給料がもらえなくなったり減額されたりした場合はローンの返済に貯金を取り崩す必要が生じます。

 

自分自身が身体を壊したり家族が病気になって看病が必要になれば、たちまちローンの返済が滞ってしまうかもしれません。

 

一方、他人に貸し出すことを選択しているBさんの場合は、たとえ自分の給料が減ったとしても、直ちに経済的破綻に追い込まれることはありません。

ローンの返済は家賃収入で賄われているからです。

 

仮に入居者が退去になってローンの返済を自分のお金でしなければいけなくなったとしても、その段階でようやくAさんと同じ境遇になっただけの話です。

 

それまで毎月5万円の黒字+自分の給料だったわけですから、蓄えているお金もAさんより余裕があると言えます。

 

つまり、Aさんよりかなりのアドバンテージをもって生きていることになります。

 

次の入居者が見つかれば、ローン返済は再び家賃収入で賄うことができます。

 

場合によってはローンの繰り上げ返済を行なって返済額を減らすことも可能です。

 

あるいは、貯めたお金で新たな不動産を購入することだってできます。

 

・・・・・・・・・・

投資リスクは、投資先そのものにリスクが存在しているとは限りません。

 

投資手法や投資をする人にもリスクが潜在しています。

 

リスクを正しく学び、リスクを許容し、セオリーに則った適切な手法を用いるなら、不動産投資におけるリスクは限りなく抑えることができ、将来的にも良い結果を導き出すことができると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  2. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  3. 2018-5-28

    【必読】お金の教養は大切です

    人が親元を離れて経済的に自立しなければいけなくなったら、手元に入ってくるお金をどのように使うか、それ…
  4. 2017-10-26

    【上司必見】「できない…」と言う部下の真意とは?

    何か物事を「できる/できない」と言うとき、能力的にできることがわかっている場合は「できる」と言い切り…
  5. 2018-7-26

    月々9万円強で「1,000万円」を買う?

    不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。 仮に「1,000万円…
  6. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  7. 2017-5-27

    人前で話すときに緊張しない方法とは?

    私が社内研修等で人前で話をしていたとき、いつも話したいことをたくさん用意していました。 たとえ…
  8. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  9. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …
  10. 2017-5-18

    お金の仕組みを活用できる人/できない人

    現在、お金は単なる数字でしかない・・・とも言えます。 銀行預金の通帳はただ数字が印字され、一行…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る