副業を何年続けますか(続けられますか)?

「副業」という言葉が市民権を得て久しいですが、実際に副業と言えるほど安定した「本業以外の収入源」を持っている人はなかなか少ないように思えます。

 

多くの理性ある人たちは、自分のお金に制約があるとき、その制約の範囲内で欲望を満たそうとします。

 

したがって「お金が無いなら無いなりの生活/お金が有るなら有るなりの生活」仕様になっていきます。

 

自分の欲望を満たそうとする気持ちと自分の生活を破綻させないこととの狭間で知恵を絞ってバランスを組み立てているのだと言えます。

 

「お金は天下のまわりもの」ですし、無いよりは有ったほうが人生の選択肢が増えますから、やはり副業を行なって家計に余裕を持たせるように努力・工夫することは大切です。

 

でも、いくら副業で稼げるからと言ってもそれが自分の身体を駆使して何かに就労して働かなければならないとしたら、果たしてそれをそんなに長く続けることができるだろうか?・・・と自問してみることも必要です。

 

仕事や家庭や人付き合いや趣味などを犠牲にして、しかも体力や精神力を削りながらようやく何とか稼ぎを維持できるというのは、もはや人生の本末転倒状態にあるといっても過言ではないと思います。

 

1年や2年は耐えられても、5年・・・10年と耐えるのはかなりしんどい話になります。

 

まあ、しんどいというより「続けたくない」と思うのが人情かも?!

だからこそ「投資に目覚める」ことが必要だと思います。

投資によって、自分自身が働くのではなくお金に働いてもらうという発想を持つと良いと思います。

最初はとにかく頑張るしかありませんし、死ぬ気でやるくらい(←あくまでもたとえです)で良いと思いますが、その傍らで「いずれ投資を行なうための資金作りだ・・・」と認識しておくと良いと思います。

 

「働かずにお金を得る」環境を手に入れることを夢見ることができるかどうか・・・?!

とにかく時間はかかるかもしれないけど、「いつの日か投資に着手する」という意識を強く持つことが大事だと思います。

 

投資というのは「適切にスタートすればあとは時間が経つだけでお金が増えていく」という側面を持っています。

 

そしてそのお金を再び投資すれば、雪玉式に投資元金が大きくなり、理論上はより短い期間で同じ額を稼げるようになります。

 

そして、お金の増える速度がどんどん加速していきます。

ここが単なる就労収入とは大きく違うところです。

 

投資/「投資額×利回り×運用年数」でお金を増やすことを基本としつつ、増やしたお金を「使う」という姿勢もあって良いですね。

 

まあ、いずれにしても、

1.投資を行なうこと

2.どんな投資に手を出すか?を決めることが肝要なポイントになると思います。

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  2. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  3. 2018-9-18

    【必読】不動産投資では賃貸管理会社選びも重要です

    不動産投資は、所有する不動産物件から毎月「家賃収入」を得ていく流れです。その際、所有する不動産物件の…
  4. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  5. 2021-3-31

    自宅用に購入した不動産を賃貸にまわす

    サラリーマンとして働く別々の2人がまったく同じ4000万円の家を購入したと仮定します。 &nb…
  6. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  7. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…
  8. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  9. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…
  10. 2019-8-25

    不動産投資では「経営者」としての意識が必要→だから面白い!

    投資であれば、どんなことでもリスクが存在しています。 ここで言う「リスク」とは、本来は「不…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る