大事なのは「月収」より「資産」のほう

海外では「永住ビザ取得」のために必要な要件というのが、それぞれの国ごとに定められています。

 

そのときにたいてい必要となるのは、決して「月収金額」ではなくて明確に保有している「資産金額」のほうです。

 

毎月の月収は意外と軽視されがちです。

 

きっと、その月収額に再現性は低いとか、永住すればなくなってしまう、とみなされているからだと思います。

また、富裕層といわれる人たちは月収で暮らしているわけではなく、配当や家賃収入などで暮らしており(まあ、それも含めて正確には月収なのですが)、各国の政府はそれを分かっているので「その個人の資産」を重視しているのだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・

サラリーマンは毎月黙っていても「給料」を安定してもらえます。

だから日本では「月収○○円」という概念が通じやすいのですが、富裕層と呼ばれる人で月収○○円という考え方をする人はあまりいません。

 

意識の向けどころ/焦点を当てるポイントは「月収」ではなく「資産(←それも財資産)」に置いているからです。

 

「資産○億円」という着眼で考えている人が多いわけです。

 

この「月収で考えるか?」と「資産で考えるか?」で、戦略も行動も意識も大きく変わってきます。

月収だと所詮1ヶ月区切りですから、視線は自然と短期目線となりがちです。

 

でも、資産を見る人の目線は常に長期を見ています。

 

また「月収○万円」と見る人は、消費・浪費にお金を使う人が多く、「資産〇億円」と見る人は投資・納税・寄付にお金を使う人が多いと思います。

だから、月収100万円だけどお金を浪費しまくっているため貯金はほとんどなく、資産もない・・・という人がいたりします。

 

逆に、月収は30万円だけど、長年コツコツと貯めてきたお金が数百万円~あって、実は資産も△千万円以上ある・・・という人もいるわけです。

 

富裕層・お金持ちの人の着眼点は「月収」という概念ではなく「資産」という概念にあると知ることは大事なポイントです。

 

そうやって「資産」に目を向けられる人というのは、不思議なことにお金を浪費しなくなる傾向があります。

これは、単純に浪費すると資産がなくなっていくので、自然とそうなるのかもしれません。

 

浪費や消費を小さくして、資産を拡大させるために投資にお金をまわしていくことを優先させるような思考回路になってます。

 

そうしたことが、結局「自由」を生み出していくことにつながります。

 

「月収で判断することではなく、資産で判断することにある」・・・という考え方を身につけると、明日からの行動パターンも少しずつ変化していくと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-2-25

    信託形式の投資・運用には要注意!

    未上場の株式を購入する場合や、不動産を購入する場合などでは、その実物を実際に目で確認することができる…
  2. 2021-10-6

    知識武装の大切さ

    10月11日は本来「スポーツの日」で祝日ですが、今年は7月23日(オリンピック開会式の日)に移動した…
  3. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  4. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  5. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  6. 2021-3-14

    経営改善/家計改善のセオリー

    コロナ禍によって多くの会社や家庭が経済的に苦しくなった・・・と言われています。 …
  7. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  8. 2019-5-22

    リタイアするときまでに、その後の「主となる収入源」を確保しておく

    政府は「生涯現役」を掲げ、現状の公的年金の支給開始年齢を65歳から70歳に引き上げようと画策している…
  9. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  10. 2018-3-11

    成功は約束されなくても「成長」は約束される…

    人間は、今、自分が決して安全地帯にはいないんだ・・・という自覚を持っていると、真剣になり、集中し、必…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る