数・量・時間が人を唸(うな)らせる

子どもを授かり赤ちゃんが生まれたなら、その時点でたいていの親は「18年後にこの子は大学生になっているだろう・・・」とイメージすることができます。

 

大学に入学する時期は、子どもが生まれた時からわかるものです。

 

子どもの将来の人生がどんなものか?の細かいことはもちろんわかりませんが、6年後には小学校に通い始め、その後さらに6年後には中学生となり、おそらくその3年後には高校生となり、その3年後には大学生となっているだろう・・・といった予想は容易にできることです。

 

そして、我が子が幼稚園や小学校や中学校などで公立を選ぶのか私立を選ぶのかの細かい判断はまだつかないとしても、そのどちらを選ぶのかで必要となる学費に差が生じることくらいは誰でも認識できるハズです。

 

ここで大事なのは、その認識をした後、子どもに経済的負担を強いることがないように、親の責任として子供の教育費・学費に関してある程度の目途を立てようとすること・・・だと思います。

 

子どもが生まれたときからコツコツとお金を貯めていけば、将来の大学費用はある程度は簡単に準備できます。

 

・・・・・・・・・・・・・

どんな人も長生きをすればするほど「老後人生」が長くなります。

 

「平均寿命80歳超え」とか「人生100年時代」と言われていることを知らない人はいないと思います。

 

たいていの場合、自分もそれに該当するだろう・・・とイメージすることは容易にできるはずです。

 

子どもが生まれたときから将来の学費の手当てを検討・見当する姿勢が大切なのと同じように、自分の老後資金に関してもある年齢に達したなら検討・見当することが大事だと思います。

 

人が年金生活に入る年齢はほぼ決まっています

仮に今がそれほど経済的に余裕のある状態ではないとしても、無いなら無いなりに考えて将来のお金について何らかの手当てを講じておく必要があります。

 

未来を考え、実際に対策を取っていくことが大切で、実際に、早い段階から将来のお金の手当てを講じておくことこそがお金に苦労しないための第一歩です。

 

数・量・時間が人を唸(うな)らせます。

 

量が転化して質を高めてくれます。

 

お金を一気に手に入れるのは、よほどの幸運でも起きない限りまずもって無理な話です。

 

時間をかけてお金を用意する・・・とは、すなわち「時間を味方にする」という発想の要諦に当たります。

 

将来黙っていても予測されるようなことに関しては早い段階からそれに向けての行動を起こすことが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  2. 2018-7-24

    成功法則を読んでも多くの人が成功できない理由とは?

    世の中には数多くの「成功本」と呼ばれる書籍があります。つまり、「成功するにはどうすれがいいか?」とい…
  3. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…
  4. 2016-12-30

    重要なことには「長期」かつ「面倒」なものが多い

    人間にとって最重要なことは、「健康的に永く生きる」だと思います。 ところが、永く生きるには何か…
  5. 2017-3-21

    【リーダー必読!】人事評価でリーダーが心がけること

    社員の仕事ぶりを評価するときには、いくつもの評価の仕方がありますが、例えばこんな切り口があります。 …
  6. 2019-5-7

    貯めて増やすことは面白い!

    ある生命保険株式会社の調査によると、4人に3人(77%)がお金の不安を感じている・・・とか。 …
  7. 2019-3-27

    副業をするなら意識しておきたいキーワード3つ

    サラリーマンの中には、本業の仕事以外に「副業」として土・日などの休日に働こうとしている人も増えてきて…
  8. 2018-2-27

    営業で売り込まれることを人は望まない

    下手くそな営業手法は「売らんがために自分勝手で、都合の良いことだけを喋りまくる」ようなやり方です。 …
  9. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  10. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る