【商品開発】商品が先か?中身が先か?

何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。

A. まず講座を作ってからその後で「この講座の適正価格はいくらだろうか?」と考える方法

B. 受講料を先に決めて(たとえば20万円)、その後で「20万円の講座を作るにはどうしたらいいか?」と考える方法

要するに中身を先に作るか、それとも価格を決めるのを先にするか・・・ということです。

多くの場合は無意識のうちにAを選択している人が多く、Bの発想を持っている人は少ないと思います。

あながち間違いではないのですが、順番としては先にBで主軸となるものを一つ作り、その次にAで複数の商品設計をしていくのが良いと思います。

すなわち中身を考える前にまずは価格を決めて、その価格に相応しい中身(主軸となるもの)を作っていくことを優先するわけです。

それができてから「A」商品を作っていきますが、あくまでも「主力商品はBとする」ところがポイントです。

そして、これも重要なところですが、「B」商品を前面に売り出すのではなくて、「A」商品を前面に売り出し(←エサにするわけです)、Aで興味を持った人たちを対象にBを売ります。

つまり、順番としてはA→Bへと誘(いざな)うようにするわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

価格を決めてから中身を作る・・・といっても、その価格が高額になればなるほど中身を作るのは容易ではありません。

でも、ある程度の高額商品を作らなければビジネスとして意味がありません。

街のカルチャースクールや公民館で自治体が開いているような講座等と同等レベルの商品では、有料で高く販売することは難しいと思います。

同等レベルだと思われないためにはどうしたらよいか?

そんな講座と一線を画すにはどうしたらよいか?

・・・をじっくり深く考えることが大事です。

受講者が集まる大黒柱の○万円講座をまずは用意する(作る)!・・・と決意し、その中身を考え始めると、いろんなことに気がついたり、自分の成長に役立ったりします。

最初ラクな思いをしてその後に半永久的に苦労を重ねると、心身ともにやられます。

最初はちょっと苦労しますが、その後に楽園が待っているほうがベターです。

もしも、そうした商品を作ることができなければ・・・・・・そのビジネスからは「撤退!」が望ましいというだけのことで、それが健全だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-16

    出来事は一つ、人生はそのとらえ方次第です

    たった1つの失敗で自信を喪失した人は、その出来事を「人生最悪の過去」と記憶しているかもしれません。 …
  2. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  3. 2018-6-15

    努力という土台の上に「運」が舞い降りてくる

    秋元康さんが以前こんなことを言っていました。 僕は38年間、スターと呼ばれる人たちを見てきまし…
  4. 2016-11-14

    女性の化粧に学ぶマネジメント術

    サラリーマンは理由で動きます。 ビジネスマンは目的で動きます。 ・・・・・・・・・・・・…
  5. 2019-6-3

    不動産投資(賃貸事業)のしくみ

    中古マンションやアパートや一戸建てを賃貸に出すことで「家賃」を得て、それを自分の生活費として暮らして…
  6. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  7. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…
  8. 2019-8-19

    「お金持ちは悪いヤツ」という洗脳?

    日本人はどちらかというと「お金=汚いもの、お金持ち=悪人」・・・といったイメージを持つ人が多いとよく…
  9. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  10. 2020-6-11

    安易に「副業」を始めて二重に苦労をしてはいけない・・・

    ちょっと前まで新型コロナで世間は不安と恐怖でいっぱいだったと思いますが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」・…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る