定年退職までに準備しておくべき重要なこと

平均的な年金を受け取っても、夫婦2人が生活をしていくには「毎月15~20万円ほど不足」・・・というのは確実に待っている未来です。

つまり、公的年金だけで老後の生計を成り立たせるのはシンドイ!ということです。

もちろん、切り詰めて節約・倹約をすれば何とかなるのでしょうけど、そんな生き方はできることならしたくないものです。

・・・・・・・・・・・・

サラリーマンで、65歳定年退職時に運良く退職金が2000万円もらえると仮定します。

退職後はその2000万円を少しずつ切り崩していけば、退職前と同じような生活をしばらくは続けることができます。

お金が尽きてしまう前に早くあの世に行けば良いですが、思っていた以上に長生きをすると、どこかで貧乏な老人生活に陥ります。

退職後も安定した「収入源」がない限りは、こうした未来図が十分予想できます。

いつまでも元気で働けると高をくくっていると、後々痛い目に遭うと思います。

人はそんなに長く肉体労働をすることはできないし、頭脳を使った労働と言っても若い人や人工知能(AI)に勝てるハズもありません。

死ぬまで現役で働くということを前提にするのはあまりうまくないと思います。

手に職を持っていて自営業で働くならまだ可能性はありますが、老人を雇って働かせてくれるところなんてない・・・か、あっても年齢に限界があるのが一般的です。

そう考えるとやはり65歳の退職時までに退職金とは別にあと数千万円の貯金をつくっておくか、そっれとも毎月安定した収入が入ってくるように仕組みを作っておくことが必要です。

できれば、毎月20万円以上の別収入が欲しいところです。

軽く考えている人や、そもそも何も考えていない人のほうが圧倒的に多い世の中ですが、65歳までにやっておかないと、65歳以降に後悔する可能性大だと思います。

人としてある程度余裕のある生活を送り続けていくためにも「必ずと言って良いほどやっておかなければいけない準備」・・・だと思います。

もし、退職金がない会社に勤務しているとすれば、準備しておくべき金額はさらにアップします。

でも、なかなかおいそれと数千万円の貯金をつくるなんてできない・・・と思います。

でも、それをやらないと生きていけない世の中に自分は生きている・・・と認識することが必要だと思います。

現実的なのは、毎月の安定した収入源をつくるほうです。

それが不動産投資による権利収入です。

数千万円貯める代わりに、「月に20万円以上の安定収入が入る」ようにする。

→ そのための「財資産」をつくる。

20万円以上というのは控えめに言っている金額ですが、もっと増やすことはサラリーマンだったら簡単にできることだと思います。

ただし、50歳を超えないまでにそうした準備、仕組みをつくることが大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-11

    「安心できる借金」と「不安な借金」の違いとは?

    借金をすることで、人は長い時間を一気に駆け上って自分の欲求を満たすことが可能になります。 ただ…
  2. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  3. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…
  4. 2016-12-14

    【必読!】不動産投資で気をつけるべき「3つのポイント」とは

    マンションを買って家賃収入を得よう!・・・と最近は、本当にいろいろなところで取り上げられるようになっ…
  5. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  6. 2018-5-3

    相続でもめないように早めの手当てを・・・

    不動産を所有している人が亡くなり、残った不動産を巡って骨肉の相続権争いが起こり、その結果誰の名義にも…
  7. 2019-8-19

    「お金持ちは悪いヤツ」という洗脳?

    日本人はどちらかというと「お金=汚いもの、お金持ち=悪人」・・・といったイメージを持つ人が多いとよく…
  8. 2019-8-26

    営業職を毛嫌いしてはいけない

    大学3年生の中には、もう再来年の就職に向けての活動を始めている人もいると思います。 なかな…
  9. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  10. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る