「世の中の当たり前」は変化するのが当たり前と思おう!

世の中の収入不安や年金不安の声は年々大きくなっています。

 

かつてのように「貯金しなさい。そのお金でマイホームを買えば一生安泰に過ごせますよ・・・」とか「いい学校に行っていい会社に就職すれば一生安泰ですよ~」という声はもう耳にしなくなりました。

 

そうした言葉が「常識」であり、貯金=重要/マイホーム=必要/大企業=安泰」という時代は、確かに昔ありましたが、今の時代はもう違います。

 

その思考から抜け出して今の時代にあった思考回路を持つことが大切だと思います。

 

・・・・・・

40年ほど前の預貯金の利息は高い時期で年利7%近くもありました。

 

それくらいの利息がつけば、10年後にお金を降ろすころには2倍近くに膨れ上がっていたわけで、それはやはり「預貯金は大事」という認識が広がっても不思議ではありません。

 

でも、今は史上最低の金利・利息の時代で、いわばマイナス金利の時代です。

 

かつての常識観だけに囚われて、その固定観念から抜け出せずにいるとキケンです。

 

預貯金だけに頼って預貯金しか自分の取るべき選択肢に入れようとしない・・・という発想の人がいまだに多くいるというのは不思議なことです。

 

マイナス金利時代では銀行にお金を預けて10年経っても、元本はほぼ10年前のままです。

むしろ、その10年間のインフレによって価値が目減りしている恐れもあります(実質的に元本割れになっているということ)。

 

「貯金=善という常識」から抜け出さなければならない時代です。

 

マイホームも然りです。

しっかりとした資金計画と購入物件の目利き力がなければ、おいそれとマイホームを購入することはしないほうがベターかもしれません。

 

なぜなら、むしろ無用のリスクを引き起こすことになりかねないからです

 

<昔の常識>
収入・所得は年々上がるのが当たり前

<これからの常識>
スキルを高めないと収入・所得は上がらない

 

<昔の常識>
老後は公的年金だけで生活できる

<これからの常識>
公的年金だけでは足りず私的年金が必要

 

<昔の常識>
投資はお金がある人がやるもの

<これからの常識>
投資はお金を増やすため誰でもやるべきこと

 

多くの人がこうした「常識観の変化」に気づき始めているように感じますが、一方で、まだまだ古い価値観に固執し続けている人も多いと思います。

 

子どもの頃から培われた「常識観」を否定して新しい「常識観」へアップデートすることは容易なことではないかもしれませんが、人類はいつもそうしたパラダイムの転換を行ないながら進歩してきました。

 

変化を受け入れ、行動する勇気が必要です。

 

2022年4月1日という年度変わりの今だからこそ常識観と人生とお金をアップデートする時のよう気がします。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-3-31

    自宅用に購入した不動産を賃貸にまわす

    サラリーマンとして働く別々の2人がまったく同じ4000万円の家を購入したと仮定します。 &nb…
  2. 2017-5-20

    さて、私は誰でしょう?

    ここにある「私」がいます。 私はいつもあなたに付き添っています。 私はあなたにとって一番…
  3. 2019-10-20

    「節約/倹約」と投資の概念

    節約意識というのは、「1円でも費用は減らしたい」・・・という考え方です。 投資意識というの…
  4. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  5. 2018-6-7

    お金持ちが政権安定を望むわけとは?

    先日のニュースで、あるアンケート調査によると「富裕層ほど現政権の維持を望む声が多くなっている」・・・…
  6. 2017-5-25

    【必読】家計改善は「固定費」の削減から・・・

    家計でも、会社経営でも、国の財政問題でも同じですが、収支の改善・やりくりを考えたときに一番重要となる…
  7. 2018-3-23

    生涯賃金をいつ稼ぎ終えますか?

    サラリーマン人生を経済面だけで言い換えるなら「生涯賃金を稼いでいる間の人生」と言えます。 そし…
  8. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  9. 2017-5-16

    権威を身に付けたかったら・・・

    権威というのは、形はないし、目にも見えません。 本当はあるのかどうかも分からないようなシロモノ…
  10. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る