10年あれば家計のことはたいてい間に合うハズ・・・

60歳以上の何%の人が就労しているのか?

あるデータによるとこうです。

・60代前半 → 35.8%

・60代後半 → 16.5%

・70代前半 → 9.5%

・70代後半 → 4.7%

・80代前半 → 1.6%

・80代後半 → 0%

・90歳以上 → 0%

さすがに80代後半ともなると、もはや就労している人は減るようですが、驚くべきことに60代であればまだまだかなりの人が就労していると言えます。

 

それが「楽しいから/生きがいを感じられるから」といった理由や、人生における「何らかの目的実現のため」・・・といった就労であれば尊敬すべき立派な姿勢です。

 

でも、「本当は就労したくないのだけど」という枕詞が付いて、だから「働かざるを得ないんです」とか、「お金のために泣く泣く就労しています」といった後ろ向きの姿勢であればかなり残念なことです。

 

一方で、60歳を超えてまだなお普通に現役として就労できることはたいへんありがたいことかもしれません。

 

高齢者が増えていくほどに、高齢者を雇う側の選別意識も高くなり、中には就労したくても就労できない・・・という人が多いと聞きます。

・・・・・・・・

就労することも就労しないことも「自分自身の意思で決めて行っている」のであれば何の問題もないのですが、「自分以外の意思でそうせざるを得ないからそうしている」というのなら、歳をとった人には情けないことに映るかもしれません。

 

私は後者はなりたくなかったし、前者の意識で現役時代を過ごしてきました。

 

そして、自分の意思で「就労しない」と決めたので、そのための方策を練り、実行してきました。

 

思えば、

Q.5年後にお金がいくら必要か?

Q.10年後までにいくらお金を貯めておく必要があるか?

Q.毎月の給料代わりの収入をどう補っておくか?

Q.退職後から年金受給までの間をどう乗り越えるか?

・・・などを数字で把握して、自分なりに考え、そのための手を打ち続けたきたことが奏功したと思います。

 

そうしたことを見て見ないフリをしていると、気がついたら家計の財政危機が1年後に迫っていた・・・となったりして危険です。

 

もはや手の打ちようが無い、というのは精神的にもかなり打ちのめされます。

 

ここで大事なのは、1年後だと危機ですが、まだ10年くらいあるのなら大概の事は間に合うはずだ・・・ということです。

貯金も資産もゼロだったとしても、今から行動を起こせばたいていのことはできます。

 

行動を起こすこと自体は何も難しくなく、難しいのは「行動を起こし続けること」ですが、将来のライフプラン/マネープランがあれば行動し続けることを後押ししてくれると思います。

 

「今の自分の時間の一部を使う覚悟」をして、「諦めない」で、ただただ「実行する」だけです。

今日始めるか?それともやらないか?!・・・です。

 

10年あれば家計のことはたいてい間に合うハズ・・・と信じて、老後の就労を避けるためにも今から行動を起こしていくことが大切だと思います。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-8

    サラリーマンがお金持ちになれない4つの壁

    サラリーマンがお金持ちになるためには越さなければいけないいくつかのハードルがあります。 いわゆ…
  2. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  3. 2018-2-23

    妬み、嫉み、僻みを「羨み」に替えよう!

    他人に嫉妬(しっと)したり、他人のことを僻(ひが)んだりする人は人から嫌われます。 だから、「…
  4. 2020-10-11

    【重要】不動産投資で「自宅の近くで物件探し」はNG?

    本業にほとんど負担をかけずに自分の収入を増やすことができるのが「投資」です。 そして、その代表…
  5. 2017-1-18

    部下の欠点・短所を指摘するときのコツ

    上司が部下を自分のデスクに呼んだとします。 上司にそのつもりがなくても、上司の言うことは得てし…
  6. 2017-10-15

    あなたの収入は何のため?

    私は「不労所得」という言葉を普段使わないのですが、世間一般では「働かないで得られるお金のことを不労所…
  7. 2017-4-9

    【新年度】挫折しない「目標設定」で大事なこと

    人は、年初に目標を設定したりします。 キチンと紙に書いている人もいると思いますが、単に自分の願…
  8. 2017-3-5

    不動産投資=大家さんになることの意義

    世の中でいう高額な商品、つまり自分の一ヶ月分の給料では買えない商品は多々あります。 代表例とし…
  9. 2017-2-12

    人生が輝いているときに見受けられる「ある共通点」とは?

    人はみんな1日24時間という枠組みの中で、眠ったり起きたりして生きています。 人生にはこの「眠…
  10. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る