財産形成のためには「家」は最低でも2軒必要かも……?

財産形成のために家を買おう!・・・という宣伝文句に惹かれて家を購入する人はいない・・・と思いますが、でも、心のどこかで「家を買えば将来の財産につながる」という想いは誰でも持つと思います。

 

確かに「家=住宅」というのは最低でも数千万円以上するものですから、財産と言えば財産です。

 

ただし、正確には住宅ローンの支払いが終わってから・・・です。

 

住宅ローンの支払いが完済すれば、万が一のときに家を売れば数千万円のお金に換えられますが、ローンの返済が終わっていなければ家を売っても借金が残ることもあります。

 

ローンの返済が終わるまでは、売却してもローンの残債のほうが多かったなら、何の財産にもなりません(ただの負債です)。

 

ところが、往々にして「住宅ローンの支払いが済む」という時期は相当先の話になります。

 

30年~35年ローンが一般的だからです。

 

一般的には、30代~40代で住宅ローンを組む人が多く、そのため返済が終了するのは60代~70代となります。

 

その年齢だと既に現役をリタイアせざるを得ない年齢です。

・・・ということはもはや労働市場からの収入は望めない時期でもあります。

 

冷静に考えればすぐにわかることですが、財産形成というためには、最低でも家を2軒は購入しないといけない・・・という見方ができます。

 

なぜなら、自分が住む家として1軒は絶対に必要だからで、住んでいる家を売るわけにはいかないからです。

 

しかも、自分の所有するその家の不動産価格が値上がりしていないと意味がありません。

 

自分が購入した時よりも高い価格になっていて、かつ、売ろうと思えばいつでも購入価格よりも高く売れる・・・という状態でないと、財産形成にはつながりません。

 

そう考えると、家を買って財産形成をする・・・というのは、かなりハードルの高い手法です。

 

しかも、住宅ローンを組めるのはたいていの場合は家一軒分だけ(自分が住むところだけ)です。

 

2軒買って、2軒とも住宅ローンで・・・というわけにはいきません(片方の返済が終われば可能ですが・・・)。

 

家を買って財産形成に役立てようと思えば、その買った家を賃貸にまわして、借主を見つけ、家賃収入を得ることが必要です。

 

長年にわたって家賃収入を得ていけば、自ずとそこでお金が貯まっていきますし、そのお金でローンの返済ができます。

 

その分を購入価格から差し引けば、実質的な購入価格はどんどん低くなっていき、将来的には良い財産として手元に家が残ることになります。

 

それを一つだけではなく2つ・・・3つ・・・4つ・・・と数を増やしていけば、さらに早く財産形成ができることになりますから、そういう意味ではこの手を用いるのは有効なやり方だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…
  2. 2018-1-8

    お金持ちより「お金力・持ち」を目指そう!

    お金はないよりあったほうがいい・・・とよく言われます。 確かにそのとおりだと思います。 …
  3. 2017-3-15

    お金・経済的自由も攻めと守りが大切です

    月給・年収に意識を向けると「攻撃」だけですが、資産に意識を向けると意識は「防御+攻撃」となります。 …
  4. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…
  5. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…
  6. 2018-6-18

    世の中の2割の人はあなたが何をしても否定する

    「20:60:20の法則」と呼ばれるものがあります。 全体を100としたら、そのうちの2割は優…
  7. 2017-2-22

    お金で時間を買う/時は金なり

    A地点からB地点に行くとします。 A地点からB地点に一直線に行くことが効率的で、寄り道して回り…
  8. 2017-6-22

    サラリーマンが心がける大事なことの一つ

    私が大学卒業後、26年間会社員として働いた中で「あえて何か自慢すするとしたら何ですか?」・・・と聞か…
  9. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  10. 2018-2-4

    ピンチ(問題勃発!)のときはこう考えよう・・・

    問題が起きた時には「今、自分は試されてる」・・・と思うようにすると、人は冷静になれます。 何か…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る