サラリーマンがお金持ちになれない4つの壁

サラリーマンがお金持ちになるためには越さなければいけないいくつかのハードルがあります。

いわゆる「4つの壁」です。

1.賃金規定の壁

2.就業規則の壁

3.税制の壁

4.転職の壁

1.まず、サラリーマンの給与がアップする機会が、多くの場合1年に1度の4月の時期だけです。

なぜなら、賃金規定にそう定められているからです。

しかも、その昇給幅は数百円から多くても数万円(←万円単位の人は稀でしょうね)です。

これでは、サラリーマンが会社の給与だけでお金持ちになることはムリです。

そこで、副業でもしようかな?となるわけですが、ここで2つ目の壁が立ちはだかります。

2.つまり、「副業禁止」が規定されている就業規則の壁です。

最近は副業禁止を排除する企業も出てきましたが、そうは言ってもまだまだ限定的だと思います。

3.給与アップも副業もできないなら、お金を貯めるしかない・・・とコツコツ貯蓄に励もうとしたときに、3つ目の壁に気づきます。

すなわち、節税したくてもできないという税制の壁です。

自営業者と違って、サラリーマンの経費計上には限界があります。

4.最後は「もう仕方ない、じゃあ転職しよう」と思って別の仕事を探そうとすると4つ目の壁が現れます。

それが転職の壁であり、ほとんどの人は転職するほどに年収ダウンとなります。

よほどの実力者でなければ、転職で年収アップとはなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように、なかなかサラリーマン生活だけではお金持ちになれないのが今の日本社会だと思います。

ではどうするか?

1.→昇給が年に1度だけでもいいのでとにかく毎年給与アップとなるようにひたすら頑張って実力をつける/実績を残す

2.→副業はできないけども「投資」であれば行うことができます。

3.→節税が難しくても可能な限りの節税テクニックを駆使してお金を貯めるしかありません。

無駄遣いをしない(=浪費をしない)ように普段の生活の中で意識することも大切です。

4.→転職しても年収が上がるように自分ブランドをつくる。

要は、稼げるサラリーマンになってどんどんビジネスマン化していく必要があります。

何も考えずにただ会社と家との往復をしているだけでは、サラリーマンがお金持ちになったり経済的に自由になることはないと思います。

今置かれている環境を的確に理解したうえで、自分にやれること/やれないことを区別して、「やれることに集中」すると良いと思います。

1年や2年くらいで劇的にお金が増えている・・・と言うことはありませんが、継続していくことで徐々に貯金額は膨らんでいきます。

サラリーマンでもビジネスマン化していくことで、お金持ち/経済的自由人を目指すことはいくらでも可能だと思います。

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-6-25

    私たちにかかる全ての税金を知っていますか?

    私たちは日々いろいろな税金が存在する中で生活をしています。 所得税・・・住民税・・・消費税・・…
  2. 2022-12-25

    誰が悪いのか?→誰も悪くないと思おう!

    出来事は一つ、とらえ方はさまざま・・・です。 その出来事にどのように対応するかが大事ですが、捉…
  3. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…
  4. 2019-7-7

    不動産投資物件の2つの求め方

    不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正…
  5. 2019-10-27

    経済破綻しないためのコツ=収入の範囲内で生活

    サラリーマン家計が破綻しないための最大のコツは「その月の収入の範囲内でその月の生活をする/支払いをす…
  6. 2022-1-18

    長きに渡って通用するものを身につけよう!

    勉強でも仕事でも、人は短期で結果が出ることを追い求めがちです。 確かに「求…
  7. 2020-3-6

    稼げるときは勢いに乗って稼ぎまくろう!

    自分は元気で健康であっても、家族が病気になったり健康でなくなったりする場合があります。 &nb…
  8. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  9. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  10. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る