今、高収入でも・・・

サラリーマンで高収入の人は比率的にはそう多くいません。

 

そうした部類に属している人は人生の勝ち組と称されて、本人も将来の自分の生活(とくに経済面において)にはほとんど不安を感じていないと言われます。

 

中には、高収入だから・・・という驕りからか毎月多額のお金を使うことに慣れきっていて、高収入の割に貯金額が少ないという人もけっこういると。

 

今は良くても将来が良いという保証はありません。

 

なぜなら、サラリーマンという「雇われの身」である以上、今の収入が永遠に続くとは限らないからです。

 

サラリーマンは会社からの給料で生計を立てていて、自分の力で本当にお金を稼いでいるとは言い難いのが実情です。

 

高収入のサラリーマンが気をつけなければいけないことの一つが将来の生活水準(レベル)についてです。

 

ここで大事なのは、「たとえ収入が高くて仮にそれなりの貯蓄があったとしても、将来、予想もしない出来事によって急に老後の資産が底をつくことは十分考えられる」・・・ということです。

人生を悲観し、自分の未来に悲劇の結末を想像する必要は決してありませんが、あらゆる面でのリスクをある程度は想定しておくことが大事です。

 

「じゃあ、いったいいくらあれば安心なのか?/節約してもっと貯金しないと!」と思う人もいるかもしれませんが、そもそも論として「老後は貯金で賄う」という発想をしている段階でやはりサラリーマンレベルを脱していないと言えます。

 

ビジネスマンはそんな発想をしません。

 

そんなサラリーマンレベルの発想をしている限り/そうした発想から抜け出せないままでいる限りは、どこまでいっても経済的な将来の不安が待ち構えています。

 

「お金を切り崩す老後生活」から抜け出す発想が必要です。

 

「お金を切り崩す老後生活」だと、病気や介護など予想外の出費があったときに貯金が底をついてしまうリスクが一気に高まります。

・・・・・・・・・・・・・
働くこと(=就労すること)以外に収入を生み出す仕組みを作っておくと良いと言えます。

 

例えば、年金に加えて月に15~20万円程度の収入があれば、退職後に何歳まで生きても資金が底をつかない安定した生活を送ることができます。

 

月に20万円の別収入があるなら、貯金が減る心配をしなくてもある程度のゆとりのある老後生活を遅れる可能性がグッと高まります。

 

老後の生活はある意味では「病との戦い」でもあります。

 

自分が動けなくなったとして、そこで待っているのは高額な治療費です。

 

介護であれ治療であれ、必ずお金が必要となります。

 

もしもそこで月々に年金と合わせて30万円以上の収入あるとすれば、一日あたりで1万円ですからそれなりに心の平穏を得ることができると思います。

 

ある時に多少大きな出費があったとしても、貯金を切り崩し続ける生活よりはかなり安心感のある生活を送れると言えます。

 

今、高収入の人はラッキー!なことですが、その状態が永遠に続くことはないと知り、今の高収入を得られているうちに将来のために権利収入の源を構築しておくと良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-5-12

    我慢せず「移動すること」を選択する意思

    地震被害・台風被害・水害・風雪被害のニュースをテレビで見聞きすると、被害に遭わた人たちの苦労が忍ばれ…
  2. 2017-8-18

    20代のうちに「お金の教養」を身に付けたほうが良いわけとは?

    20代と80代の大きな差は、気力・体力的にやり直しがきくかきかないか?の差です。 20代はまだ…
  3. 2022-5-9

    「継続した」収入源がますます必要になります

    いきていく・・・というのは「命を継続していく」ことでもあります。 この「継続」という概念は非常…
  4. 2017-11-1

    【ビジネスチャンス】「場」を設けられる人=「お金」を儲けられる人

    本屋に行くと「株で1億円儲ける○○」「FXで10万円を△△倍にする方法」「インターネットで□□円稼ぐ…
  5. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  6. 2018-4-14

    社会人1年目の人へのアドバイス

    新入社員・・・社会人1年目の人が「何かアドバイスをください・・・」と聞いてきたなら、私はいつもこうア…
  7. 2021-8-28

    貯蓄・投資・投機・賭博の違い

    アメリカでよく読まれているファイナンスの教科書などでは「貯蓄・投資・投機・賭博」についてそれぞれ言葉…
  8. 2018-10-31

    不動産投資の物件情報の収集方法

    今年の年初に「今年こそは不動産を買って家賃収入を得ていこう!」という思いを持っていた人もいると思いま…
  9. 2019-4-6

    企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

    中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。 中…
  10. 2017-8-3

    ○○歳のときにやっておくべき△個のこと

    人間の年齢を数えるときに1歳はひとつ、2歳はふたつ、3歳はみっつ・・・と数えていきますが、10歳では…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る