労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。

残業がイヤだ・・・家から遠いところはイヤだ・・・単純作業はイヤだ・・・朝早いのはイヤだ・・・夜遅いのはイヤだ・・・時給が低いのはイヤだ・・・休みが少ないのはイヤだ・・・といったことをあまり言わなければ、何らかの職を見つけることは今の日本なら可能・・・ということです。

実際、物価変動の影響を除いた実質賃金は昨年10月は前年同月比で横ばいでしたが昨年9月までは8カ月連続でプラスで推移しています。

厚生労働省によると昨年11月の有効求人倍率は1.41倍となっていて、実に25年4カ月ぶりの高い水準となっています。

簡単に言うと、「人手不足が世間のどこかで起きている」・・・ということです。

ただ、それでも消費者の財布の紐は固く、家計調査(総務省)によれば昨年11月の1世帯当たりの消費支出は実質1.5%減で9カ月連続でマイナスになっています。

まあ、あくまでもこれらは統計上の数字なので、対象が必ずしも一致・同一ではありません。

見えてくるのは「労働力不足のところはあるけど、みんなそれなりに何とか生活していて、キツイ仕事はしたくないし、かと言って過度な贅沢をするよりは堅実に暮らそうとしてる傾向がありそう・・・」ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネット通販大手のAmazonは、昨年6月にキバ・システムズを買収しました。

この会社は倉庫内を自動で動くロボットを開発している企業で、アマゾンはこれによって(=ロボット導入によって)人件費削減を果たそうと目論み、実際そのように動いています。

当初、そこで働く従業員たちの気持ちとしては「人手が足りない・・・忙しすぎる・・・オレたちは何てキツイ仕事をさせられているんだ!賃金上げろ!」・・・という思いだったと思います。

ところが、結果的にはロボットの導入によって自分たちの賃金が上がるどころか、逆に自分の職すら失った(失いかけている)わけです。

この出来事には重要な意味があると思います。

キーワードは「技術革新(革命)」です。

最近は人工知能(AI)も何かとニュースになっていますが、今や世界では急激に技術革新が進んでいて、革新というよりも革命といったほうが良いくらいかもしれません。

「人間の労働⇒機械で代替」という動きが加速しつつあります。

つまり、技術革命についていけない企業は今後淘汰されていくだろうし、技術革命に呑み込まれてしまう職業に就いている人は職そのものがなくなってしまう・・・ということです。

有効求人倍率が1倍以上であっても(←求職者数を上回る求人数があるということ)、まだデフレ脱却が見えてこないということは、企業側はますます技術革新に頼ることが予想できます。

すなわち、人手に変わる新たな仕組み作りです。

ブラジルから「出稼ぎさん」が増えているというニュースもありますから、一時的には「キツイ仕事を外国人労働者が担う」という構図がありそうですが、中長期で見ると、やはり技術革新のパワーは強力だと思います。

そうした世の中の動きに良い・悪いで評価するのではなく、自分の身は自分で守る・・・という原則を大切に、自分自身が変化して成長することを追求することが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-3

    【未来予測】2019年から2020年にかけて留意しておくべき事

    東京都の小池都知事がやたらカタカナ言葉を使いたがることを多くの人は知っています。 都民ファース…
  2. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  3. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  4. 2017-2-12

    貧困生活から脱出するには?

    昨今、日々の生活が経済的に極端に苦しい・・・といったいわゆる貧困状態にある人が増えていると言われてい…
  5. 2017-9-7

    お金を増やすより「財資産」を増やそう!

    世の中には、さまざまな「稼げる話」、「儲け話」が氾濫しています。 それこそ玉石混交で、中には…
  6. 2018-2-18

    お金の使い方の「癖」チェック

    そろそろ冬物の洋服がバーゲンセールを迎える時期です。 こんな時は以前から欲しかったものを買うチ…
  7. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…
  8. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  9. 2018-5-22

    カラーバス効果で夢を叶えましょう

    街中でも、自分の家でも、会社(オフィス)でもどこでも良いので、こんな実験をしてみてください。 …
  10. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る