頑張ったのにご褒美なし?!→脱・サラリーマン発想へ

子どもは「頑張ったらご褒美が欲しい」と思うものですが、その原因は主に親がそういう躾をしているからかもしれません。

 

家のお手伝いでも・・・学校の勉強でも・・・近所へのお使いでも・・・子どもが自ら率先して何かをしているのではなく、半ば親の言いつけによってそれを行なっているうちは「頑張ったらご褒美をあげるよ/もらえる」という図式が出来上がっているからそうなっているような気がします。

 

・・・・・・・・

大人になって、自分で自分に「頑張ったらご褒美あげる」を前提に何かに注力することは決して悪くないと思います。

 

人間誰しも「ニンジンをぶら下げる」ことは強い行動動機になります。

 

ただ、第三者の人が「あの人はあんなに頑張ったのに何ももらえないなんて・・・」と他人のご褒美ナシを嘆くのはちょっと危険です。

 

頑張ったのにうまくいかず可哀そうだ・・・という憐みの発想は、「頑張ったらご褒美がもらええるものだ/もらえて当然だ」というサラリーマン的発想の裏返しです。

 

「ご褒美をもらえる」という考え方そのものがビジネスマンではなくサラリーマンの発想であり、人に使われる(雇われる)人の発想だと言えそうです。

 

経営者やビジネスマンは「頑張ったのに・・・」という考え方はしません。

 

ビジネスにおいては「結果がすべて」を重視していないと生き残れないからです。

 

頑張ろうと頑張らなかろうと「得られた結果」に対して正当なご褒美(報酬)を求めるのが経営者/ビジネスマンの発想であり習性です。

 

結果ではなく、費やした時間や労力に対してご褒美を期待する姿勢は、無意識のうちに「ご褒美をくれる誰か(≒会社や上司など)を想定」してしまっています。

 

経営者資質の持ち主にはそれがありません。

 

経営者には「働いた時間に対してご褒美をくれる誰か」なんていません。

 

株主が要求するのは「結果(業績)」であって、経営者が何時間労働したか?・・・なんて一向に気にしません。

 

ご褒美を期待することがいけないのではなく、何に対してご褒美を期待するか?が大事なところです。

 

コロナ禍においてはますますこうした「脱・サラリーマン発想」の姿勢が大切になっていくように思えます。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-26

    【上司必見】「できない…」と言う部下の真意とは?

    何か物事を「できる/できない」と言うとき、能力的にできることがわかっている場合は「できる」と言い切り…
  2. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  3. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  4. 2017-5-27

    人前で話すときに緊張しない方法とは?

    私が社内研修等で人前で話をしていたとき、いつも話したいことをたくさん用意していました。 たとえ…
  5. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  6. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  7. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  8. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…
  9. 2017-8-25

    【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

    仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということが…
  10. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る