代わりがきくか?

会社で活躍している社員とあまり活躍していない社員との大きな違いの一つに「他者からの必要度合い」が挙げられます。

 

当然、活躍している社員ほど「他者から必要とされる度合いは高い」です。

 

また、なぜその度合いが高くなるのか?・・・というと、それは「その人の代わりになる人が(ほとんど)いないから」です。

 

代わりがいくらでもいる・・・と言われるような社員であれば当然必要度合いは低くなりがちで、「代わりがいくらでもいる」が故に最悪の場合はリストラ要員となってしまいます。

 

まとめると「会社で活躍する社員ほど他者から必要とされる社員であることが多く、また、それだけ代替要員がいないレベルの持ち主である」・・・ということです。

・・・・・・・・・・・
周りを見渡しても、仕事で何かに突き抜けている人というのは結局のところ「代わりがいない人」であることが多いと思います。

 

その人じゃないと困る、その人でないとできない(他の人にはムリ)、その人だからこそお願いしたい・・・といった感じです。

 

本人がどう思っているかに関係なく、周りからそのように認められているかどうかが肝です。

ここで言う「代わりがいない」というのは表面的には能力・経験・知識・実績だったりしますが、本質的にはそれらを複合的に掛け合わせた「オリジナリティ」だと思います。

 

その人ならではの「独自性/優位性」です。

 

代わりがいない人たちには「オリジナル」が備わっていて、代わりがいる人たちは「オリジナル」が存在しない(存在していても弱い)わけです。

どれだけありきたりな業界で、どれだけありきたりな仕事をしても、突き抜ける人というのは不思議と「あの人にしかできないよな~」という他者が認めるオリジナリティを持っています。

一方、どれだけ「私はオンリーワンだ!」「自分しかいません!」と叫んでみても、他者からは「まあ、よくあるやつだよね」と思われているからあまり頼りにされないのだと思います。

今までの自分に「オリジナル」が加わるだけで、他人との差別化が一気に進み、仕事の達成レベルが上がって影響力が身につきます。

 

オリジナルな人に共通しているのは、自分にしかできない人生を送っていたり、自分にしかできないビジネスを行なっている・・・ということです。

 

その他大勢から抜け出すためにも、「代わりがきかない人材」を目指し、そのために「オリジナリティを発揮して他人との差別化を明確にする」のが良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  2. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  3. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  4. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  5. 2021-10-6

    知識武装の大切さ

    10月11日は本来「スポーツの日」で祝日ですが、今年は7月23日(オリンピック開会式の日)に移動した…
  6. 2018-9-12

    飲食店などでの「スタンプカード導入」のコツ

    私がよく行く映画館のビルにラーメン屋さんが入っているのですが、そのお店はスタンプカードを導入していて…
  7. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  8. 2017-6-11

    「新築アパート」の大家さんが収益をうまくあげられない理由

    不動産投資とは「家賃収入を得ること」と言い換えることができます。 日本国内には多くの「大家さん…
  9. 2021-5-14

    FIREに学ぶ「支出から割り出す」財資産の金額

    昨年、アメリカでは「FIRE」と呼ばれるライフスタイルが注目され、それに関する本がよく売れたそうです…
  10. 2019-8-19

    「お金持ちは悪いヤツ」という洗脳?

    日本人はどちらかというと「お金=汚いもの、お金持ち=悪人」・・・といったイメージを持つ人が多いとよく…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る