不動産投資・投機熱が上がっている?

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりませんか?」という紙が貼ってありました。

また、NHKではサラリーマンが不動産投資で給料の何倍ものお金を得るようになっている・・・という事例をいくつも紹介していました。

ちょっと過熱しているのかなあ・・・と思わざるをえなかったですね。

かつて、1929年のニューヨーク株式が大暴落(大恐慌)したとき、一人の相場師が事前に危険を察知していち早く株を売却して大損を回避した・・・と言われています。

その人の名はジョセフ・P・ケネディ(第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの父親)です。

彼はどうやって相場の過熱状態を見抜いたのか?

答えはこんなエピソードで語り継がれています。

あるとき、ケネディは路上で靴磨きの少年に靴を磨いてもらっていると、その少年がこう言った。

『おじさん、ココだけのナイショの話だけど、今○○の株を買ったら絶対儲かるよ~後で買っておきなよ!』

と。

これを聞いたケネディは心の中でこう思った。

『靴磨きの少年までもが相場に手を出して株が絶対上がると思っている、これは異常だ、正常な状態ではない、株式相場は危険な状態にある・・・』

と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今からちょうど4年前の2012年12月26日に民主党から自民党に政権が移り、安倍内閣が発足しました。

翌年2013年になったと同時にアベノミクスが奏を効して、以来株式相場は上昇に転じ、円相場は円安に転じ、それに伴って不動産相場も上昇して今日に至っています。

数えれば、今年で早くも4年目になります。

折しも海を渡ったアメリカでは来月にトランプ大統領が誕生し、韓国では朴政権が終わりを告げようとしています。

来年がどんな年になるかわかりませんが、言えるのは「何事もいつもちょうど良いところで止まることはなく、過激なまでに行き過ぎてから折り返すことになる」ということです。

かつてのバブル崩壊も、前提に行き過ぎた過熱状態があり、その後行き過ぎた崩壊状態がありました。

歴史は繰り返すもの・・・です。

今は東京オリンピックという大命題が未来にあるのでまだ安心感がありますが、それでも小さな過熱の解消劇は何度も起こりうると思います。

専業主婦や学生などが「相場」に新規参入し始めたとき・・・雑誌やテレビなどの各種メディアが「相場」を盛んに煽り立て始めたとき・・・それは相場の天井が近いことを暗示している時かもしれない・・・と推測することも大事だと思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  2. 2018-12-21

    【注意】投資がキケンなのではなく◯◯◯がキケンです!

    世の中には「投資はキケンだから絶対にやらない!」という人もいます。 もちろん、それはその人の自…
  3. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  4. 2020-2-12

    営業でサーヴェイするときに有効な3つの魔法の言葉

    営業活動で、自社商品の説明をひたすら行おう・・・とする人がいます。 もちろん、それがないと営業…
  5. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  6. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  7. 2017-5-21

    お金を稼ぎたい人の動機3パターン

    お金を稼ぎたい人の動機はだいたい3パターンに分かれます。 一つは家計を「マイナスから0」にする…
  8. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…
  9. 2016-12-7

    人事評価は達成率よりも「達成額」を重視するほうが大切

    会社内では、人によって目標が異なり、目指すゴールの難易度に差があります。 営業部で言えば、月間…
  10. 2017-9-1

    特定商取引法に定められた電話勧誘に関する法規制

    毎日、必ずと言っていいほど「迷惑な営業電話」がかかってきます。 自宅の電話にも携帯電話にも・・…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る