私が大切にしている「人生変化プロセス論」

私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。

少し成長すると、過去を振り返って「あーだこーだ」とくよくよ悩んだりもしました。

大人になると、少しずつ過去を振り返ることが減り、再び前向きになりました。

サラリーマンからビジネスマンに変化することを意識してからは、歳を重ねるごとに少しずつ自分の成功パターンを分析するようになりました。

同時に他の成功者を分析して、「他の成功者と自分との間に共通点はあるのか?ないのか?」とも考えるようになりました。

テレビや雑誌を見て(あるいは実際にお会いして)いろいろな経営者やスポーツ選手や政治家などの人からの話で「彼らのような組織のトップにいる人の成功と自分に被る点・共通点は何かあるだろうか?」・・・とすり合わせを考えることもしました。

何も考えていなければ何も見つからないのでしょうが、やはり意識して考えているとその時はわからなくてもあるときにフッ!と気づくことが多々あります。

サラリーマン生活を辞めて2年半以上が経ちますが、1年くらい経ったときから「自分はなぜ経済的に自立することができたのか?」と振り返るようになり、最近になって「自分はどうしていろんな人に恵まれているのだろうか?」・・・と考えるようになりました。

どんな分野・職種・マーケットでも「本質的にはある一定の成功法則がいくつもある」と思います。

人はみんな人格(性格)も違うし、目指していることも違うし、したがって成功法則も「すべて同じ」ということはありませんが、それでも似通った点や普遍的に共通する点はあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人生には、人の生き様が変化していく大きなプロセスがあります。

今現在はその人のこれまでの「行動」の結晶であり、その行動はその人の「感情」によってもたらされています。

意識は物事のとらえ方や意味付けの仕方や価値観などによってさまざま変化します。

出来事や物事自体には意味はなく、「それをその人がどうとらえるかによる」ということが重要な点です。

たとえば、給料が30万円の人にはその人なりの価値観があり、給料100万円の人にはその人なりの価値観があります。

そして、そうした価値観やとらえ方を決定づけるのは「イメージ」にあります。

私たちの今現在の結果というのは、「言葉」→「イメージ」→「意識」→「感情」→「態度」→「行動」・・・という大きな流れによってもたらされたものです。

人は、結果を変えようとしていろいろ悩んだり試行錯誤を繰り返しますが、直前の行動をちょっと変えただけではその効果は薄く、大事なのは感情を変えたり、意識を変えたり、イメージや言葉を変えたりすることにあると思います。

もっというと、

環境が変われば言葉が変わる

言葉が変われば想像(イメージ)が変わる

想像(イメージ)が変われば意識が変わる

意識が変われば感情が変わる

感情が変われば態度が変わる

態度が変われば行動が変わる

行動が変われば無意識が変わる

無意識が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

運命が変われば人生が変わる

・・・です。

これが私が行きついた私の哲学であり、「人生変化プロセス論」と名付けています。

意識を書き変えない限りは、たとえ表面上の行動に変化があったとしても、本当の意味で行動が変わったわけではないと思っています。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…
  2. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  3. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  4. 2017-4-9

    【新年度】挫折しない「目標設定」で大事なこと

    人は、年初に目標を設定したりします。 キチンと紙に書いている人もいると思いますが、単に自分の願…
  5. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  6. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  7. 2019-10-27

    経済破綻しないためのコツ=収入の範囲内で生活

    サラリーマン家計が破綻しないための最大のコツは「その月の収入の範囲内でその月の生活をする/支払いをす…
  8. 2017-5-27

    「トラック・ランナー」と「マラソン・ランナー」の違い

    陸上の走者には大きく2通りあります。 一つは競技場の中のトラックを円を描くように走るトラック・…
  9. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…
  10. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る