就職先選びの大事なポイント

学生の来年の就職活動が既に始まっているようです。

就職先を選ぶときには大事なポイントがあります。

それは「スキルアップ(自己成長)を目的とするか?」それとも「多くの金銭を稼ぐことを目的とするか?」です。

どちらを自分が求めて就職しようとしているのか?を自分自身に問いかけて、目的を明らかにしておくことが重要です。

ちなみに私は後者でした。

後者(つまりお金)を優先順位1位としながらも、続いて前者(つまりスキルアップ)を2位としていました。

これが当時(20代)の私の信念でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

就職先名を誰もが知っている大手企業だとか名もない中小企業だ・・・ということはどうでもいいことです。

活躍する人はどんなところへ行っても活躍します。

それよりも大切なのは、自分が何を目的としているか?ですから、たとえば高収入を目的→だから大企業・・・という構図なら成り立ちます。

その代わり、歯車の一つになるので幅広いスキルをすぐさま身につけることは多少難があるかもしれません。

自分のビジネススキルを早く身につけたいという目的→だからベンチャー企業・・・という構図も成り立ちます。

その代わり、労働時間が長くて給料も少ないだろうな、ということは最初から覚悟しておかなければいけません。

でも、将来独立してお金は起業してからバンバン稼ぐぞ!・・・という気持ちがあるならそれでも受け入れられるはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「その会社で何を得られるか?」「何を得ようとしているのか?」を自分で把握しておくことが重要です。

それを明確にしておけば、何か困ったことが起きたときに進むべき道の選択を誤らなくて済みます。

反対に、この「目的」が明確でないと道を選択する際に見誤る恐れがあります。

多くの人は、知らず知らずのうちに「何となく安定したところに就職するのがいい」という価値観を刷り込まれています。

意識して自分がそう考えるのならそれで構わないのですが、単に周りに煽られているとしたらせっかくの自分の人生なのに他人にコントロールされて他人の敷いたレールを進むことになります。

それはちょっともったいないですね。

せっかく学生生活から解放されて「自由」になれるときに、それを押してまで就職という不自由な選択をする・・・わけですから、その就職先選びは自分のしっかりした意図を持ってするほうがベターだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  2. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…
  3. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  4. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  5. 2017-6-5

    もし1億円の貯金があったら?

    たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その…
  6. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  7. 2020-3-25

    【2020年3月株式暴落状態】株価暴落時の株の買い方

    3月の株式市場では上場している株式がほぼ全面安・暴落状態となり、ほんの1ヶ月前と比べると2割~3割ほ…
  8. 2017-5-25

    【必読】家計改善は「固定費」の削減から・・・

    家計でも、会社経営でも、国の財政問題でも同じですが、収支の改善・やりくりを考えたときに一番重要となる…
  9. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  10. 2017-2-8

    お金の失敗を早く経験することも大切

    外国の子どもは「働かないとお金を手に入れられない」という発想が身についていると言われます。 そ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る