平成生まれは十人十色の時代に育った

昭和生まれの世代は、まだ十人一色の時代観が強く残っています。

長い物には巻かれよ・・・ではありませんが、誰か(特に上司など)がAと言えばみんなAということが是とされる時代を生きてきた人たちです。

ところが、ゆとり教育で育った平成時代生まれの若者たちは徐々に十人一色から十人十色に変わりつつありますす。

それが良いとか悪いということではなくて、時代の流れがそうした傾向にあるということです。

そうなると価値観も異なっていて至極当然なわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かつて、アサヒビールがスーパードライで見事にビール業界の順位を入れ替えたとき、陣頭に立たれたある役員の方はスーパードライのヒットの要因としてこう言われたそうです。

「スーパードライがヒットしたのは十人一色の時代から十人十色の時代になったからだと思う」・・・と。

それまでは、ビールと言えばキリンビールでした。

飲み屋にはキリンビールは必ずあっても他のメーカーのビールは置いてあったりなかったり・・・でした。

また、上司がキリンを注文すれば必然的にその場ではみんなキリンビールしか飲まないことが暗黙のルール・・・などいわゆる十人一色だったわけです。

それが時代が変化し、たとえ上の人がキリンビールを頼んでも自分はスーパードライを飲みたいと思えば何の躊躇もなく注文できる時代になった・・・というわけです。

もちろん、スーパードライがヒットしたのはそれだけの理由ではないと思いますが、「十人一色の時代から十人十色の時代になったから・・・」という言葉にはそういう意味が隠されていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガムはロッテ・・・車はトヨタ・・・旅行はJTB・・・新婚旅行は海外ならハワイ、国内なら熱海・・・年末は紅白歌合戦・・・歌と言えば演歌・・・スパゲッティはナポリタン・・・といった昔は定番とされていたことも今ではそのこだわりの影は薄いものです。

各人が好きなように振る舞っても非難されなくなってきた時代・・・それが平成の世の特徴の一つでもあると思います。

ただし、時代は極端を嫌います。

やがてはこうした傾向もまた徐々に是正されて平準化されていき、十人五色くらいに落ち着いていくのかもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-25

    帝京大学ラグビー部・岩出雅之監督に学ぶ「逆転の発想」

    大学ラグビー9連覇中の帝京大学ラグビー部があります(アメフト部ではなく)。そこまで強くなった背景にあ…
  2. 2019-1-9

    投資と投機の違い(インカム・ゲインとキャピタル・ゲイン)

    「投資」という一つの言葉で括(くく)られやすいですが、投資には大きく分けて「本当の投資」と「投機」の…
  3. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  4. 2019-7-7

    不動産投資物件の2つの求め方

    不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正…
  5. 2020-11-5

    【営業パーソン】キャクラクター営業は早く卒業すべし!

    営業の世界には「キャラクター営業」という言葉があります。 営業マンが商品の…
  6. 2017-12-17

    【必読】借金返済が一生終わらないのはダメなことなのか?

    一般的に「お金を借りる」と、その後は「元金+利子の返済」となります。 着実に実行していけば、か…
  7. 2019-12-1

    投資・資産運用では退場しないことが大事/敗者のゲームと知る

    たとえばテニスの試合で、プロ選手とプロ選手が試合をするときと、素人が素人と試合をするときとでは、勝負…
  8. 2018-3-20

    事業等で再出発するときに誓うべき一つのこと

    物事が想定していたとおりいかずに行き詰まり、やがて再出発せざるを得なくなるときがあります。 事…
  9. 2018-9-26

    企業の成長期・発展期は借金経営のほうがベター

    一般的には、家計において借金はしないほうがベターです。 なぜなら、その借金は「消費」に充てられ…
  10. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る