企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。

中途で採用されたのですから、そこには自分が採用される前からの社風や企業風土や社内文化があります。

そうしたことをむしろ尊重し、自分より長く勤めている他の社員たちを敬う姿勢が大切だと思います。

最初は余計なことをせずに傍観して、よくよく今の組織がどんなものなのかを知ることが大切です。

自分が思う以上に会社組織はできあがっているかもしれないし、またそれなりにちゃんと機能しているかもしれません。

特に、自分でゼロから組織をつくる力量も経験もないのに、たまたま前職で管理職に就いていたとか、前職が大手企業だったという程度のことで大きなカン違いをして、「すでにできあがっている会社組織」に「余計な口出し」をして、かえって組織を乱すようなことをしてはいけないですね。

後で「自分が変えた」とか「オレ様の力だ」と悦に入りたい下心を持っているとうまくありません。

そういう人は必ずボロが出て(=実力が出て)、周りから総スカン状態になり、結局再び中途採用で別の会社の求人を探すことになります。

一発屋狙いで短期的に人の目を引くよりも、長期に安定して徳と財を積み重ね、基礎を厚く固めて強靭な人材となるように努めることが大事だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会社の代表的な財務諸表に「損益計算書」と「貸借対照表」があります。

「損益計算書」は一年経つと真っ新(まっさら)状態に戻ります。

会計士と雖も(いえども)、これだけを見せられてその会社(企業)の財務状況の良し悪しを判断することはできません。

一方、貸借対照表にはその会社の創業以来の実績がすべて載っています。

だから良いのか悪いのかがすぐに分かります。

短期的/一発屋的に企業の財務状態をどうこうしようとするのではなく、長期的/普遍的に安定した経営を心掛けることがリーダーには必要です。

特に、貸借対照表の右下部分(=自己資本の部)には、その会社が創業以来積み重ねてきた利益のすべてが蓄積されて貯まっています。

会社(企業)としてその金額を重要視することも大事ですし、これを個人レベル(家計レベル)に置き換えてチェックしてみることも大切だと思います。

30年以上続いてきている企業というのは、判で押したようにこの貸借対照表の右下部分の数字がそれなりに厚くなっています。

30年以上続いているということは、経営者の経営手腕がそれだけしっかりしていることを意味します。

それは経営者が目先の欲得で動いておらず、明確な企業理念や経営理念をもってブレない経営をしてきているからに他なりません。

企業経営も、人としての生き方も、その点では同じだと思います。

目先の欲得にこだわることなく、しっかりとした芯をもってブレずに生きていく・・・そんな心の姿勢が大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…
  2. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  3. 2017-1-16

    ビットコイン(Bitcoin)とサトシ・ナカモトとクレイグ・ライト

    仮想通貨と呼ばれるものの中で、今一番有名なのはビットコイン(Bitcoin)だと言われます。 …
  4. 2018-9-20

    「お金」という結果を求めるなら【原因】をつくらなければいけない

    多くの人は、「収入が増える(稼ぎが多くなる)」という「結果」を求めます。結果を求めるのはいいのですが…
  5. 2018-5-22

    カラーバス効果で夢を叶えましょう

    街中でも、自分の家でも、会社(オフィス)でもどこでも良いので、こんな実験をしてみてください。 …
  6. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  7. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  8. 2018-1-14

    【重要】「投資」における目標の立て方

    年の初めにはいろいろ「今年の目標」を立てる人は多いのですが、肝心の「目的」を蔑ろにしたままで目標を立…
  9. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  10. 2016-11-25

    資産が生み出すお金で生活をする、という発想

    お金に色はついていない・・・とよく言われます。 サラリーマンが会社からもらう給料というお金も、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る