高学歴は精神安定用の保険に過ぎない

今の時代に、高学歴のメリットは?・・・と言うと、まあ「ない」とは言いませんが、かつての昭和の時代ほどではないと思います。

昭和の時代は自分だけで事業を成功させることが難しく、公務員やサラリーマンになるほうが経済的にも安定を得られたので、徐々にそういう選択をする人が増えていき、そのための就職や出世に影響する「学歴」がどうしても重要になりました。

ところが、時代は変わり、組織で働くよりもインターネット等を駆使して個人で独立して就労する形でも生計が保てるようになってきました。

資金ほぼゼロでも起業ができてしまうので、かつてほど「独立に対する警戒、不安感」はないと思います。

そして、その際に学歴はまったく・・・と言っていいほど関係ありません。

また、公務員やサラリーマンの世界においては、学歴よりも専門能力や実績が評価される時代になってきています。

つまり、それだけ学歴の重要性は落ちてきているわけです。

古臭い旧態依然とした価値観を持つ経営リーダーが牛耳っている会社に就職する場合や、名前だけの高学歴にひれ伏すようなゴマすり価値観を持つ客相手の場合などにしか、学歴はほとんど影響しない時代と言えます。

東証1部上場企業で採用・面接・社員およびリーダー研修等を10年以上にわたって実施してきた私の経験から言えば、「出身高校・大学の学歴」なんて本当に社会人になったら無意味です。

それでも、子どもを育てる親の多くは自分の子どもが偏差値の高い高校や大学に進学することを未だに望んでいます。

そして、そのために子どもに「もっと勉強しなさい・・・成績を上げなさい・・・」などと発破をかけます。

親の世代が、未だに高学歴なら将来は安泰だとか、高学歴であれば出世しやすい・・・と考えているからだと思いますし、そういう価値観から親世代の人たちは逃れられないのだと思います。

高学歴を獲得するために子どもは多くの時間を費やします。

もしかしたら、その時間を使えば今の時代ではもっと別のこと・・・他の可能性(リターン)のほうが大きいかもしれません。

もちろん、将来のことは誰にもわからないし、断言することはできません。

でも、何が何でも高学歴!・・・と頑なに高い偏差値を追求するよりも、学歴にこだわらず子どもの持つ無限の可能性を信じて、その可能性の開花に目を向けるほうがベターかもしれません。

高学歴は精神安定用の保険に過ぎないかもしれない・・・と気づくことも大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-13

    日米間の10年国債金利に2%の差があると・・・

    世界を股にかけてお金の運用をしている、いわゆる「機関投資家」と呼ばれる大手投資家は、その運用の一つに…
  2. 2017-8-25

    【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

    仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということが…
  3. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  4. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  5. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  6. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…
  7. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  8. 2017-11-17

    お金を「稼ぐ力」とお金を「増やす力」を身に付けよう!

    人は大なり小なり、お金に対しての不安を持っているものです。 特に結婚して子どもをもつ家庭の30…
  9. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…
  10. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る