砂糖を入れたハズなのにコーヒーが甘くない・・・とき

私はコーヒーが好きで、毎朝コーヒーを飲まないと、その日の調子が悪くなってしまう・・・と自分で勝手に妄想しています。

ブラック派なので砂糖もミルクも入れないのですが、コーヒーが苦手な人はたいてい「コーヒーの苦味」が耐えられなくて砂糖を入れるのだと思います。

カフェでコーヒーを飲むとき、コーヒーに砂糖を入れたハズなの(砂糖入りコーヒーなの)に甘くない・・・と思ったらどうしますか?

→半数くらいの人は「追加して砂糖を入れる」と思います。

それも正解ですが、半数くらいの人は「スプーンでよくかき混ぜる」ことを先にすると思います。

順番としては、こちらが正解だと思います。

コーヒーカップの底に砂糖が沈んで攪拌されていない状態だと、その上澄みであるコーヒーを口に含んでも甘くありません。

でも、そこでさらに砂糖を追加するとコーヒーの中が砂糖だらけになって今度は逆に甘すぎる!・・・となりかねません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コーヒーカップの底に砂糖が沈殿していたのと同じように、人の頭脳にも既にいろんな知識や情報が入って(沈殿して)います。

見方を変えれば、人の家計にはすでに多くのお金が入ってきて(沈んで)います。

「お金をただ蓄えておくだけ」では、砂糖をコップの底に沈殿させているのと同じです。

すでにお金があるわけですから、そのお金を攪拌・かき混ぜて全体に行き渡るようにすればお金に困る生活にはなりません。

それなのに、後生大事にお金を貯め込んで使おうとせず、それでもなおお金が足りない/不安だ!・・・と言って、そこに新たなお金を追加して稼ごうとするのは、甘いはずのコーヒーに砂糖をさらに入れてますます甘くするようなものです。

そして歳をとればとるほどにお金を使い切れずに余っていきます(飲めば飲むほどコーヒーが甘くなっていくようなものです)。

最後にはお金がドーン!と残って根こそぎ相続税で持っていかれる(最後には砂糖だけがコップの底に残って洗い場で水洗されるだけ)・・・となります。

ある意味では、このブログが読者の頭脳や家計を攪拌するスプーンの役割を果たせば幸いです。

お金を大量に使い切れないほどに持ったまま「死」を迎えるのではなく、そこそこ貯まったら「投資」にまわし、運用でそのお金を使って余生を楽しんで過ごす・・・。

そして、コーヒーカップの底には砂糖が残っていないのと同じように、自分のお金も上手に使い切って生涯を閉じる・・・・。

そんな生き方のほうが人生は早い段階で自由になれてハッピーだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…
  2. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  3. 2017-6-12

    ブランド品を身に付けたがらないお金持ちの人たち

    サラリーマンは高級品を身に付けることを意識しがちですが、ビジネスマンは逆に高級品を身に付けないことを…
  4. 2018-8-7

    「働く」のは自分ではなくお金を!

    海外旅行に行くといつも思うのは、たとえ自分が飛行機に乗って雲の上だろうが、客船に乗って海の上だろうが…
  5. 2019-5-3

    説教をするお金持ちはニセモノ

    ある程度の人格者であるお金持ちは「自ら進んで他人に説教をする」なんてことは決してしません。 …
  6. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…
  7. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…
  8. 2018-5-28

    【必読】お金の教養は大切です

    人が親元を離れて経済的に自立しなければいけなくなったら、手元に入ってくるお金をどのように使うか、それ…
  9. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  10. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る