カジノIR推進法案について

カジノIR推進法案とは、カジノを中心に宿泊施設や商業施設や各種テーマパークなどを一体的に整備することを指し、「IntegratedResort:IR=統合型リゾート」の設立に関する法案です。

既に2016年6月に公布・施行されています。

正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」です(覚えられない)。

今後、折に触れカジノリゾートの建設が取り沙汰され、いわゆる「利権ビジネス」が密かにスタートしていくと思います。

通常、どんな利権であってもその周りには大金が渦巻き、大きなビジネスチャンスが生まれます。

同時に、投資・投機のチャンスも増えていくものです。

特に投機という観点では、初期段階で他の人よりも早く買付(購入)することで多額の利益を狙うことができます。

なぜなら「安く手に入れる」ことができるからです。場合によっては「創業(者)利益」とも呼ばれます。

ニュースで言われているカジノIRが推進される地域は、「大阪の夢洲」や「北海道の苫小牧」や「長崎のハウステンボス」などですが、果たして本当にこれらが先陣を切るのかそれとも別の地域に白羽の矢が当たるのか・・・???

聞いたところによると、この3箇所だけでも900種類の新たな職業と10万人以上の雇用が創出される!・・・そうです。

2019年は東京オリンピック前年ですが、その裏側で「カジノIR元年」となるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

一般的には「カジノ賭博場」・・・といった感があります。

ところが、これに一言加えて「カジノリゾート」と呼ぶとき、「カジノリゾート賭博場」であり、カジノリゾートを即・賭博場と理解するのは間違っているようです。

カジノリゾートとして有名なのは何と言ってもアメリカのラスベガスですが、ラスベガスのカジノリゾートはその大部分が実はカジノではなくて、ショッピングモールや劇場、ホテルなどで占められています。

そのため、家族でラスベガスに旅行しても、ショッピングや劇場で鑑賞して楽しんで、まあ多少はカジノでお金を賭ける・・・といった感じになります。

日本でも同じような設定になると聞きました。

言葉は、その定義づけやとらえ方次第でいくらでも人のイメージ・印象を変えさせます。

日本のカジノリゾートでは敷地面積の3%しかカジノを運営することができず、97%は遊園地だったり、ショッピングモールだったり、他の施設で運営されるそうです。

随分、初めの印象と違ったテーマパークになりそうです。

これから日本に建設されるカジノリゾートもラスベガスと同じように家族連れで楽しめるリゾート施設になるのだと思います。

街中のパチンコ屋とはわけが違う・・・のでしょうね。

中身の本質をよく理解せず表面的な言葉・・・自分勝手な解釈・・・で、物事を頭から否定してしまう人がよくいますが、そういうレベルの低い次元での言動を慎み、自分の目で確かめ、知識と経験則を駆使して未来を読む・・・という姿勢が大事です。

カジノリゾート/IR・・・という言葉の響きにも同様の視点をもって臨むことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-7-7

    不動産投資物件の2つの求め方

    不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正…
  2. 2016-6-9

    舛添都知事と囚人のジレンマ

    舛添都知事の答弁で、千葉県のリゾートホテルで面談した関係者は元新聞記者の出版会社社長とのことらしいで…
  3. 2017-3-15

    お金・経済的自由も攻めと守りが大切です

    月給・年収に意識を向けると「攻撃」だけですが、資産に意識を向けると意識は「防御+攻撃」となります。 …
  4. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  5. 2017-8-11

    節税目的の不動産投資はNGです

    税金にもいろんな種類があります。 身近に感じられるのは「消費税」ですが、社会人として働いている…
  6. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  7. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  8. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…
  9. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  10. 2018-9-18

    【必読】不動産投資では賃貸管理会社選びも重要です

    不動産投資は、所有する不動産物件から毎月「家賃収入」を得ていく流れです。その際、所有する不動産物件の…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る