「宝探しゲーム」と「人生成功の本質」

子どもが小さい頃、宝探しゲームをやりました。やり方は簡単です。

親が家の中に子どもが喜びそうなお菓子やおもちゃなどを「宝」として隠しておき、子どもがそれを探し当てたら子どものものとする・・・というゲームです。

大事なことがいくつかあります。

まずは、ある日突然に子どもに伝えるということです。子どもが家にいる時間を見計らって、外から電話をして「家のどこかに子ども宛ての宝物(贈り物)を隠したこと」を伝えます。

見事に探し当てたら電話をかけてよこすように言っておきます。

・・・・・・ほどなく探し当てて、喜びと興奮の電話が子どもからかかってきます(見つけやすいところにわざと隠しておきます)。

ここで第2の大事な点があります。

こう言います。

「実は宝物は1個だけではなくて3個隠したんだよ~」と。

子どもはますます興奮して宝物を探し始めます。そして、しばらくするとまた歓喜の電話がかかってきます。

子どもはとても喜んでいます。そこで第3の大事なポイントです。

こう言います。

「本当は3個ではなくて5個隠したんだよ~」と。

子どもは三度トレジャーハンターと化して、家の中に隠された宝物を探し始めます。

なかなか残りの2個が見つかりません。

当然です。

難易度を上げて、見つけにくいところに隠してあるからです。

でも、子どもは「あと2個がどこかに必ず隠されていること」をわかっています(信じています)から、あきらめずに探し続けます。

確実に家の中のどこかにあるはずなので、辛抱強く探し続けることにあまり抵抗感を覚えません。

そして、ついに残りの2個を(計5個)見つけ出します。

晴れておめでとう!・・・です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

この宝探しゲームは、親が「家のどこかに宝物を隠した」と言わなければ、子どもがゲームに参加することはありませんでした。

また、最初の宝物を探し当てるまでは良かったのですが、子どもの頭には「宝物は1個だけ」という思い込みがあったため、1個見つけるともうそれ以上は探すことをしませんでした。

でも、親が「実は3個ある」と告げると、再び探し始めました。

でも、3個を見つけるとそれ以上探そうとはしませんでした。

もっと隠されているかもしれない・・・と発想することをしなかったからです。

同じことがその後「5個隠したよ」という形で繰り返されました。

・・・・・・・・・・・・

人生では「そこに確実に○○がある」ということを教えてくれる人はいません。

本当はすぐ手の届くところに、自分の欲しいものがあるかもしれないのに・・・隠れていて目に見えていないだけで、ちょっと行動すればすぐに気づけることなのに・・・。

人は誰からも教えてもらえないと、そうしたことに気づけないままやり過ごしていることが多々あるのかもしれません。

見つからないかもしれない何かを探すのはとても勇気と根性が必要です。

リスクが高いからです。

逆に言うと、「そこに必ずある!」と信じるに足る何かがあれば、人は本気になって集中して行動を取ることができます。

だからこそ、自分で自分を信じることがとても大切です。

日々勉強、日々成長の姿勢で何かを学び取り、それを信じて邁進していく・・・そうすれば欲しいものは案外と簡単に手に入る・・・という発想でプライベートも仕事も有意義にしていきたいものですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-6-6

    紀州のドンファン殺人事件/遺言書を書くべき人たち

    和歌山県田辺市の会社経営者/野崎幸助さん(77)が自宅で死亡していた件・・・が、今マスコミを賑わせて…
  2. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  3. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…
  4. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …
  5. 2018-5-29

    ケネディ一家に学ぶお金の話

    5月29日は、アメリカの元大統領ジョン・F・ケネディ氏が生まれた日です。 トランプ大統領が昨年…
  6. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  7. 2017-8-18

    20代のうちに「お金の教養」を身に付けたほうが良いわけとは?

    20代と80代の大きな差は、気力・体力的にやり直しがきくかきかないか?の差です。 20代はまだ…
  8. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  9. 2017-10-7

    新規ビジネスのチャンスを見つけるヒント=「不」の効用

    ビジネスは「まず顧客ありき」で、「顧客=需要」が必要です。 その需要を見つめるためのヒント、す…
  10. 2019-7-2

    年間200万円の貯金するとどうなる?

    たとえば、サラリーマンが稼いだお金のうち200万円を毎年単純に貯金していくと、5年後には1000万円…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る