年収3億円ではなく、目指すなら資産3億円

3億円と言えば、昔は警察官の格好をした強盗犯の代名詞でした(3億円強盗事件)。

やがて、宝くじの前後賞合わせた当選金になり、今では1等賞だけでも3億円を超える金額になりました。

3億円というと、とてつもなく大きな金額に思えるものですが、経営者の中には1か月の売上金額だったり、1日の売上金額だったりする方もいらっしゃると思います。

サラリーマンには、年収3億円と言ってもピンとこないどころか戯言にしか聞こえませんが、「生涯賃金3億円」というと、妙に親近感・納得感が出てきます。

たしかにサラリーマンで年収3億円なんてまずムリな話です。

ただし、これが年収ではなく「資産」として3億円であれば、まんざらムリでもなくなってきます。

その代わり、形成するまでの時間が必要です。

いきなり1年やそこらで資産3億円をつくることは難しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生涯賃金が3億円だとすれば、それを早い段階で稼ぎきってしまえばいいのですが、並行して自分の資産形成を行なうことが大事です。

まずは、お金を貯めるところからスタートです。

貯金額を10万円、100万円、1000万円・・・としていき、途中で「増やす」という手法を用いることで3億円へステップアップするまでの時間を短縮できます。

ジャンボ宝くじを買って一気に資産3億円を目指そうとしても、確率的には相当厳しいです。

一般的には当選確率は1000万分の1、つまり、0.00000001%です。

毎年宝くじを買い続けるより、正しいお金の流れを順に進んでステップアップすることで3億円を手に入れる道を歩むことが大切だと思います。

宝くじは当たればラッキー! くらいの軽い気持ちでやるものです。

たとえ現在の資産がゼロであっても、時間をかけて順に10万円→100万円→1千万円→1億円→3億円・・・というステップ踏めば良いのです。

何もしないで惰性で生きるよりも、少しでもチャンスがあればそれに向かう(←ただし、自分でコントロールできることが前提)姿勢は大切です。

今の収入・・・今の生活環境等によって資産3億円が構築されるまでに要する時間は個々人バラバラです。

でも、正しいプロセスを経ていけばゴールに必ず到達すると信じています。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  2. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  3. 2017-10-26

    【上司必見】「できない…」と言う部下の真意とは?

    何か物事を「できる/できない」と言うとき、能力的にできることがわかっている場合は「できる」と言い切り…
  4. 2018-2-25

    信託形式の投資・運用には要注意!

    未上場の株式を購入する場合や、不動産を購入する場合などでは、その実物を実際に目で確認することができる…
  5. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  6. 2017-7-4

    「石の上にも3年」と言いますが・・・

    東京オリンピックまで、暦上はあと3年です。 3年しかない!と思うより、3年もある!と思って準備…
  7. 2019-4-6

    企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

    中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。 中…
  8. 2017-10-15

    あなたの収入は何のため?

    私は「不労所得」という言葉を普段使わないのですが、世間一般では「働かないで得られるお金のことを不労所…
  9. 2017-11-23

    1日8時間労働に囚われていませんか?

    今日(11月23日)は、勤労感謝の日ですね。 いつも健康で働ける身体があること、働く職場がある…
  10. 2019-4-3

    学生は「点数」で評価され、社会人は「実力」で評価される

    学生の頃は、勉強したことが「点数」をつけられることで評価になりました。 点数で評価されるこ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る