願望→夢→目標への3段階ステップアップ

松下幸之助さんは「まず思わんとあきまへんなあ」と呟いたそうですが、人は「思うことで認識し、認識することで実現に向かえる」ものです。

 

心で呼んでいないもの(求めていないもの)が自分に近づいてくることは滅多にありませんし、仮にあったとしても気づけません(なぜなら心で呼んでいないので認識していないことだから)。

 

街を歩いていても、普段当たり前にそこにあることなのに人は意識をしていなければ気づかないで素通りしていきます。

 

通勤・通学路にあるお店や看板やポスターだって、そのことを意識していなければ目で見ていても脳では見ていないわけです。

 

これは何かの事を成そうとするなら、まず「こうありたい」「こうあるべきだ」と思わなければならないということの表われです(松下幸之助さんが言いたかったのはこういうことだと思います)。

 

また、「基本」を知り身に付けることも大事です。

 

基本を理解し、 原理原則をつかんでいるからこそ独自のアイデアが出せます。

 

基本の定着なくして応用なし・・・です。

 

基本・根本を理解せず、ただただ独自性を追い求めていたのでは策に溺れ、やがては自滅です。

 

ほかにもいろいろ大切なことがありますが、ビジネスでも仕事でもプラーベートでもとにかく何かを実現・成就させたかったら「まずは思うこと」から始め、「基本を的確に身につける」ことが大事です。

 

・・・・・・・・・・・

誰もが、大なり小なりの願望を持っています。

 

中にはそれを実現できる人もいればそうではない人もいます。

 

俗人的なところでは、「もっと豊かになりたい/もっと健康になりたい/もっと家族と過ごしたい/もっと旅行に行きたい/もっと高い評価を得たい/もっと自分のことを好きになってほしい/もっと自分のしたいように物事をしたい」・・・などですが、本当にこういった願望を実現したかったら、「したい」から「する」と意識を一歩前へ進め、意識を強くする姿勢も大事です。

「したい」というのは、単なる夢想で終わることが多いものです。

まず、自分の願望を具体的な表現に落とし込み、「したい」から「する」へ変化させてみましょう!

それによって「願望」が「夢」に変わります。

さらにはその「夢」を一体いつまでに実現させることを希望しているのかを明確にしましょう!

つまり、夢に期日を設けるわけです。

 

これによって単なる「夢」だったものが具体的な「目標」へと変わります。

「まず思わんとあきまへんなあ」・・・という松下幸之助さんの発想点からスタートして、そこから一気に目標設定にまでもっていくことができたら、それはそれで大変すばらしいことです。

これが成功するための、そして人生をより良くするための出発点になると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-6-8

    雇われる立場から脱却する思考回路を持てるか?

    サラリーマンは「仮に今、会社を辞めて同じ仕事に就いたとき、果たして今と同じような生活をしていけるだろ…
  2. 2018-6-25

    私たちにかかる全ての税金を知っていますか?

    私たちは日々いろいろな税金が存在する中で生活をしています。 所得税・・・住民税・・・消費税・・…
  3. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  4. 2016-12-29

    北斗の拳/ラオウの最期の言葉

    『北斗の拳』というマンガでラオウが自分の人生最期に放った言葉「我が生涯に一片の悔い無し!」というセリ…
  5. 2017-10-14

    年収ばかりを追い求めないで・・・

    人が幸せを感じる主な要因の一つに「お金(収入・貯金)の満足度」が挙げられます。 確かに、収入が…
  6. 2021-8-28

    貯蓄・投資・投機・賭博の違い

    アメリカでよく読まれているファイナンスの教科書などでは「貯蓄・投資・投機・賭博」についてそれぞれ言葉…
  7. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …
  8. 2019-1-9

    投資と投機の違い(インカム・ゲインとキャピタル・ゲイン)

    「投資」という一つの言葉で括(くく)られやすいですが、投資には大きく分けて「本当の投資」と「投機」の…
  9. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…
  10. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る