年収に影響する5つの要件

「年収格差」という表現を見かけますが、サラリーマンの場合、大学を出て新入社員として企業に雇用された段階では、ほぼ横並びでほとんど格差はありません。

 

会社が違っても、22歳~24歳くらいの新入社員は、たいていどこの会社でも、まあ、似通った初任給/年収だと思います。

それが、いつの間にか数年・・・十数年・・・と経つうちに「格差」となって開きが出てしまうわけです。

 

なぜ、そんなにも格差が生じてしまうのか?

 

もし、最初の新入社員の頃に戻れたとするなら、どんなことに気をつけておけば格差が生じても上位のほうに位置できるのか?

 

大きくは5つの要因があると思います。

1.学歴

→ まだまだ日本社会は「学歴社会」という面がぬぐい切れず、高偏差値大学を卒業した人のほうが、低偏差値の学校出身の人よりも昇給スピードは早く、昇級幅も大きい傾向があります。

 

しかしながら、学歴は「大学卒業時点ではどうしようもないこと/自分でコントロールできないこと」ですから、あまり深く考えることはしないほうがベターです。

2.就職先の会社の規模

→ すべてではありませんが、やはり傾向としては「大企業のほうが中小零細企業よりも高収入を得やすい」ということは言えると思います。

 

社長の年収が1000万円に届かないような会社に就職するよりも、課長・係長レベルで既に年収1000万円を超えているような会社に就職するほうが、自分の収入も高収入になる確率は高いと言えます。

 

3.職種

→ 内勤事務職の仕事より営業職の仕事に就くほうが、本給以外のインセンティブに当たる収入が膨らむ可能性大です。

場合によっては実績次第で収入は青天井となります。

4. 資格

→ 資格を持っていることが、即高収入につながるわけではありません。

でも、その仕事・業務に「欠かせない資格/あったらいいなあの資格」を有していることで、高収入につながりやすくなります。

 

法務部に勤務するなら法律関係の資格を有していたほうが有利ですし、経理財務部であれば会計士・税理士・簿記などの資格があったほうが良いのは当然です。

会社によっては「資格手当」を支給しているところもあります。

 

「資格の取得・合格」自体は、国や運営母体が決めることですが、少なくともそれに向けた勉強は自分でコントロールできるものです。

5. 読書量

→ アメリカのある調査によると、「年収200万円以下の人と、年収3000万円以上の人を調査したとき、読書量が大きく違っていた」そうです。

 

読書量の差は、年収格差にも大きな要因となっていると思います。

読書は、就職前でも就職後でも完全に自分でコントロールできることです。

本を読むか読まないか・・・何を読んで何を読まないか・・・いつ読むか?・・・何分読むか?・・・などはすべて自分でコントロールできます。

自分でコントロールできないことに焦点を当てて行動するのは、あまりうまくない行動パターンです。

それよりは、自分でコントロールできることに焦点を当てて行動するほうが確実に成果、効果が出ます。

上記5つの要因のうち、特に自分でコントロールできるのは「5.読書」であり、場合によって「3.職種」や「4.資格」も一部コントロール可能です。

 

格差社会を良い位置で生き抜いていくには、会社での自分の貢献度を上げ、他者より秀でていることを証明し、その対価として多くの給料を得るようにもっていくことが必要です。

 

そのために自分にできること/自分が為すべきことを考えて、後は実行するのみ!・・・だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  2. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  3. 2017-2-16

    見込み客・お客さまを集めるのではなくて・・・

    営業会議では、よく「客を集めるには・・・」といった言葉が飛び交います。 まあ、別にそれで間違っ…
  4. 2019-10-20

    「節約/倹約」と投資の概念

    節約意識というのは、「1円でも費用は減らしたい」・・・という考え方です。 投資意識というの…
  5. 2018-2-12

    反復なくして成果・結果なし!

    お酒を飲むと誰だって多少は酔います。 同じように、いい本やいいセミナーを受けると、「ああ良かっ…
  6. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…
  7. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  8. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  9. 2019-1-25

    サラリーマンが同じ業界で独立起業するコツ

    よく言われることですが、サラリーマンが会社を辞めて独立起業するとき、それまで自分がまったく経験をして…
  10. 2016-12-29

    為替で1ドル117円30銭~40戦という意味

    今年の1月は1ドル≒117円台でした。 12か月間でいろいろ動いて、結局この年末の為替相場は1…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る