安易な転職をすると収入が減っていきます

昔は、偏差値の高い難関大学を卒業した人はたいてい大企業か官公庁に就職していきました。

そうした人たちには「生涯一社」の考え方があり、またそれが当たり前とされた時代であり、「退社 → 転職」というのは人生の負け組がすることで自分には無関係のことだ・・・という認識が強くあったと思います。

 

それはそれで「当時の」考え方としては主流だったわけで、一般的で、常識的で、正論だった・・・と思います。

 

でも、そうした価値観はその人がまだ現役サラリーマンを勤めているわずか数十年でひっくり返りました。

 

その結果、当時の花形産業に就職したハズだったのに、いつの間にか業界は斜陽化していき、自分が勤める会社もリストラの嵐が吹き、自分も結局定年まで勤めあげることができず早期退職を強いられた・・・という人もけっこういるものです。

 

時代が変わり、今では「生涯一社」精神を強く持つ人はどんどん減ってきています。

 

むしろ「転職が当たり前」で、転職することで「自分のキャリアアップにつながる」という概念が広まってきています。

 

そうしたある時点だけを見て、「勝ち組」だとか「負け組」だと判断するのはあまり意味のないことだと思います。

 

その判断は自分自身に委ねられていて、決して他人が「職業の移行頻度や勤務先の会社名など」で判断するものではないからです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨今では「転職」をすることが以前ほどネガティブなものではないものの、それでも安易に転職することはあまりおススメできません。

 

軽い気持ちで転職をすると、それは癖になり、ちょっとイヤなことがあるとすぐに「転職」という選択肢を見つけたがるようになります。

 

「安易な転職は収入が減る」が一般的な常識です。

 

転職をするたびに賞与はもらえなくなります。

賞与とは「積み重ね=社歴」を重視したものだからです。

極端なことを言えば、5回転職した人は、賞与をもらう機会を5回失ったのと同じです。

 

場合によっては、同じ会社で40年間勤務し続けるほうが、生涯賃金は多くなるかもしれません。

転職回数が多い社員は生涯賃金が少なくなることを、リーダーは予め自社の社員に教育しておくほうが良いかもしれません。

 

一つの会社で継続して成長していくことを原則として、自社では得ることができない何かを求めて転職をするなら止む無し・・・とい考え方のほうが双方にとって望ましいと思います。

 

転職はアリ!という常識観になってきた世の中ですが、それでも「安易に転職を繰り返すと、結局生涯賃金は減る恐れが高い」ということを頭の隅に入れておくのが良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-20

    【炎上防止策】文章を書くときは論理性多め・感情論少なめ

    私は学術論文は苦手です。読んでいてすぐに飽きますし、意味が分かりづらいからです。 論理ばかりで…
  2. 2016-12-30

    重要なことには「長期」かつ「面倒」なものが多い

    人間にとって最重要なことは、「健康的に永く生きる」だと思います。 ところが、永く生きるには何か…
  3. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  4. 2018-2-4

    ピンチ(問題勃発!)のときはこう考えよう・・・

    問題が起きた時には「今、自分は試されてる」・・・と思うようにすると、人は冷静になれます。 何か…
  5. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  6. 2018-12-21

    【注意】投資がキケンなのではなく◯◯◯がキケンです!

    世の中には「投資はキケンだから絶対にやらない!」という人もいます。 もちろん、それはその人の自…
  7. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  8. 2017-12-31

    【重要】上品な人と下品な人の差とは?(身口意の三業)

    よく「品がある/ない」という言い方をしますが、上品と下品とを分ける差は、なかなか言葉で言い表わそうと…
  9. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  10. 2019-8-26

    営業職を毛嫌いしてはいけない

    大学3年生の中には、もう再来年の就職に向けての活動を始めている人もいると思います。 なかな…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る