「投資」に対してポジティブなイメージを持とう!

お金に関するトラブルは後を絶たず、世間では「株式の売買で損をした」・・・「FXで貯金をすっからかんにした」・・・「仮想通貨で途中まで儲かっていたのに、最後は大損した」・・・「友達に貸したお金が戻ってこない」・・・などといった話はよくあるものです。

人は「減らず/なくす」ということに非常に繊細で恐れを抱いています。

そのため、一か八かのギャンブルは一部の人だけの話だし、投資といっても自分には関係ない・・・といった発想を持つ人は多いと思います。

実際、いまだに「投資」と聞くと、怖い、損をしそう、キケン、下品、詐欺っぽい・・・などといったネガティブなイメージを持つ人は多いような気がします。

それは、おそらく「投資」を十把一絡げ(じっぱひとからげ)にしてすべてを「金融投資」と頭の中で置き換えてしまっているからだと思います。

 

ところが「投資」には「事業投資」などもあり、一般的な民間会社はどこでもそうした「投資」活動を行なっているのが現実です。

それがいわゆる会社の「事業」であり、それなくして売上も利益もないですし、そうなればサラリーマンの給料もボーナスも出ないことになります。

経営者は投資に関するアレルギーを持ちあわせていません。

つまり、経営者の人ほど「投資」に関するハードルは低く、タダのサラリーマンになるほどそのハードルは高くなっていると言えます。

経営者は普段から「投資活動」を行なって、その結果、タダのサラリーマンよりも高額なお金を毎年得ているわけです。

投資とは、本来「利益を得る目的で事業などに資金を出すこと」で、簡単に言えば、自分自身の資本(お金、体力、時間)を財産を増やす可能性があるものに使うこと・・・と言えます。

会社経営では、すべてにおいて「投資」という概念を持たないと、そもそもの経営が成り立たなくなってしまいます。

投資の中でちょっと異色なのは「自己投資」と呼ばれるものです。

実際、投資の中で一番のお勧めは「自己投資」だと思います。

言葉のとおり、自分に投資することです。

自分に対してお金を使って自分自身の価値を高めていくことです。

それは知識だったり、能力だったり、経験だったりしますが、大事なのは、それらを身につけることによって、身につける前よりもメリット・効果を多く大きくすること・・・です。

身につけた後に活かされなければ、自己投資とはなり得ません。

よく言われるように、頭の中にある知識や知恵や考え方や思考回路は誰にも盗まれることはありません。

持ち運びも自由で、しかも簡単です。

「投資」に対してポジティブなイメージをもって、自分自身の成長と繁栄と幸せのために役立てていくことが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る