投機は緊急情報に左右され、投資は緊急情報に左右されない

証券会社に勤務していた頃、私は毎朝新聞7紙に目を通し、夜も海外の為替や株式市場の動向に気を配り、仕事が休みの日でも最低限世界の金融マーケットの情報を得ていました。

自分の感性を常に最前線に置き続けていたわけです。

もし、金融マーケットを揺るがすような大きな出来事が夜に生じた場合、翌朝、東京マ―ケットが開いたらすぐに対応できるようにいつも臨戦態勢でいられるように心がけていました。

当時の証券会社というのは、それをできない人は淘汰され、業績をあげることができず、必然的に収入も少なくなっていくことが宿命づけられている職場だったように思います。

仮に、自分が寝ている間に「アメリカの大統領が暗殺された」・・・なんていう噂が流れただけでも市場は大きく反応しますから、翌朝目を覚ましたときには既に大きなうねりが起きています。

噂が本当かどうかわからなくても、株の売買や為替の売買に携わっている者にとっては、まずは何らかの行動を取ることが重要になります。

デマだったらすぐに落ち着くだろう・・・と、安易に考えて何もしないでいるのはうまくない行動パターンです。

たとえば、1981年3月30日、当時のロナルド・レーガン/アメリカ大統領が銃撃を受けた時、為替レートはドル円で211円台から一気に203円台に急落しました。

レーガン大統領の銃撃事件では、手術の成功ニュースが流れたことで、結果的に為替レートは元の水準まで戻りましたが、それまでは乱高下を繰り返してボラティリティーが大きく広がっていました。

噂やデマであっても、マーケットを大きく揺さぶります。

投機においては緊急情報にマーケットが左右され、人間も右往左往してしまいがちです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、「投資」においてはそうした「緊急情報に一喜一憂する」必要がありません。

たとえば、何か事件が起きたり、誰かに不測の事態が生じた際には、「価格変動」は起きるかもしれませんが、即座に派生利益に変動が起きることはありません。

地震が起きたとき、不動産の価格には大きな変動を招くかもしれませんが、「家賃が乱高下する」ようなことはありません。

まして、噂やデマならなおさらです。

だから、投資では24時間情報監視をする必要もなければ、情報に振り回されることもありません。

投資では、投機ほどハラハラして常時情報収集に躍起になる必要がないので、いつも気がラクで平常心でいられます。

投機は緊急情報に左右され、投資は緊急情報に左右されない・・・というのも、投資を行なう一つのメリットだと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-1

    投資における借金は「良い借金」

    投資を考えたときに、自己資金だけで行なうのも勿論アリですが、あえて借金をすることでレバレッジを効かし…
  2. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…
  3. 2021-3-15

    ウサギの目からカメの目に変えよう!

    寓話「ウサギとカメ」の話は誰でも知っていると思います。 実はこの寓話にはい…
  4. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  5. 2018-2-4

    ピンチ(問題勃発!)のときはこう考えよう・・・

    問題が起きた時には「今、自分は試されてる」・・・と思うようにすると、人は冷静になれます。 何か…
  6. 2018-1-26

    1ヶ月「5万円収入増」の仕組みを作る方法とは?

    サラリーマンが給料を「月額5万円アップ」しようとしても、給料は自分の直接のコントロール下にないのでそ…
  7. 2017-11-17

    人生を変えたければ「○○○」が有効です

    今に満足していますか? もし満足できていなくて、自分でも何かを変えなければいけない・・・と思い…
  8. 2018-3-9

    子どもの人生を左右する親の姿勢

    東大に合格した学生の多くは、子どもの頃に親から「もっと勉強しなさい!と言われたことがほとんどない」・…
  9. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…
  10. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る