人生の自転車操業状態から抜け出そう!

30代前半くらいまでの若者の多くは、「資産」なんて持っていませんし、現金もまだそれほど多くは貯金していないのが実状だと思います。

 

毎月の給料日を今か今か・・・と待ちわびて、給料が入ったらその大半は即座にローンの返済などに消えて、その後、翌月の給料日までに使えるお金はわずかだったりします。

 

いわゆる、一種の「自転車操業」状態になっています。

ほとんどの人は、その段階から先のことをあまり深く考えてはいないかもしれませんが、できることならここで「この状態から早く脱却するんだ!」という意識を強く持つと良いと思います。

まずは決意することです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

これまでの5年間・・・あるいは10年間で、「自分が無駄遣いをしてきたお金=使わなければ使わずに済んだお金」はいたいいくらあるだろう?・・・と振り返ってみると空恐ろしくなるかもしれません。

 

人によっては、数十万円から数百万円にもなるかもしれませんし、それこそ1千万円クラスになる人もいるかもしれません。

 

そして、もし、そのお金を無駄遣いするのではなく、「投資」に充てていたら今頃は?・・・と考えると、かなりショックを受けると思います。

 

まあ、人生に「もし・・・たら・・・れば・・・」を適用するのはあまりうまくないことですが、ここではあえてそういう発想をしてみると、自分への戒めと今後の行動への変化を生み出せると思います。

 

ここで大事なのは、過去を振り返ることよりも、過去を参考にして未来に目を向けることです。

 

この先5年間・・・10年間で「使わなければ使わずに済むお金はいくらあるだろう?・・・と考えると良いと思います。

 

30代前半ともなれば、20代の頃よりも給料が上がって、年収も増えていると思います。

 

10年もあればそれこそ1千万円~2千万円くらいの「浪費せずに済むお金」が見えてくるかもしれません。

 

その1千万円を浪費(無駄遣い)せずに生活をしたからといって自分の人生はつまらないモノにはなりません(多分)。

 

目を「投資」に向けて、その1千万円で中古ワンルームマンションを5戸買えば、そこから家賃収入を5戸で毎月10万円以上得ることも十分可能です。

 

毎月10万円ということは年間で120万円です。

 

人生はいつも「決断の連続」であり、決断が存在しているということはそこに必ず「岐路」が存在していることになります。

 

どちらの道を選ぶかは人の自由であり、どちらを選んでも自分でそれを受け入れることが大事です。

 

そして、その岐路でたいてい決断の基になるのは「知識の有無」です。

 

知っていればあっちを選んでいた・・・ということはよくある話です。

 

知っているか知らないか?・・・が決断を左右します。

 

年間120万円の収入を元手資金1千万円で購入できるとしたら・・・そのために無駄遣いをちょっと我慢して1千万円分を節制して生きる・・・ということをつまらないと思うか、それともワクワクする!と思うかは、まあ、人それぞれですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  2. 2019-11-23

    自分年金の取り掛かりは少しでも早く行動を!

    2019年7に厚生労働省が発表した平成30年版(2018年版)の「国民生活基礎調査の概況」によると、…
  3. 2017-7-31

    【警告!】洗脳にご注意を…【自己防衛術】

    世の中には悪だくみをする人がいるもので、特に詐欺に関しては「私は詐欺師です」なんて自分から言うはずが…
  4. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  5. 2019-9-14

    アメリカで注目される「FIRE(ファイア)」

    アメリカの若くて高報酬を得ている人に「あなたはFireになりたいですか」と聞けば、通じる人には通じる…
  6. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  7. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  8. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…
  9. 2015-7-30

    1万円札の鳥はキジ?鳳凰?

    紙幣に描かれる動物は全8種類 お札には数字や文字や絵などいろんなことが描かれています。 …
  10. 2017-4-13

    企業にとっての「優良顧客」とは?

    自社商品を購入してお金を支払ってくれる人はどんな会社にとっても「お客さま」ですが、あえて区別をすると…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る