会社を辞めて独立起業することにリスクはあるのか?

サラリーマンは会社での仕事に少しずつ不満を持ち始め、どうせなら会社を辞めて独立しようかな?・・・と思ったりすることがあります。

 

でも、そうするといきなり「収入が不確かとなる」ので、もしずっと無収入だったらどうしよう!と不安な気持ちが先に立ち、結局、会社を辞めるという選択肢を放棄することを選びます。

 

会社を辞めて独立しても確実に収入があって生計を立てることに問題ない!と確信を持てない限り、多くのサラリーマンは「会社を辞める」という選択をしません。

 

ある意味ではとても臆病なのですが、それは今置かれている「毎月会社に通勤さえしていればキチンと安定した給料をもらえる」という環境に慣れすぎ、それに甘んじているからかもしれません。

 

そのコンフォートゾーンから抜けることを恐れ、現状維持を選ぶことが悪いわけではありませんが、自分の人生の幅を狭めているのはもったいないことかもしれません。

 

そのゾーンから抜け出す勇気をもって自分の未来の可能性に賭けて生き抜く姿勢もあって良いと思います。

 

・・・・・・・・・・・

実際に何がどうなるかはやってみないとわかりません。

 

何がどう危険で、それがどの程度の確率の話なのか?ということを自分なりに考えてみると良いと思います。

 

自分ではほとんど何も考えず、ただ何となく怖がっている人は多く、また、その不安を払拭したくて外部の人から「大丈夫ですよ、なぜなら〇〇〇〇・・・」と言ってもらうことを期待し、自分の未来の保証を求める人もいます。

 

会社を辞めて独立起業することにリスクはあるのか?・・・といったとき、この「リスク」の意味合いが「失敗する可能性はあるか?」ということならそれはイエスです。

 

失敗する可能性は確実にあります。

 

でも、この「リスク」の意味合いが「失敗する可能性は多いか少ないか/どのくらい変動幅があるか?」ということなら、それは「自分次第」としか言えません。

 

それは「これからの自分の状況による」としか言えないわけです。

 

確かにサラリーマンで居続けるよりも失敗する恐れは(←ここで言う失敗が単に収入が減るかという意味なら)高く存在しています。

 

なぜなら、一からスタートしなければいけないからです。

 

リスクは高い・・・でもそれに見合ったリターンもあるわけで、一概にこうだとは誰も言い切れません。

 

そこで少しでもその失敗リスクを減らそうと考えるなら、まずはサラリーマンとして所属しているうちに自分のやろうと思っていることを休日を利用してやってみると良いと思います。

 

これを別名「副業/複業」とも呼べますが、同時並行でやってみて手ごたえを感じてみると良いと思います。

 

そうすれば「一からのスタート」ではなくなり、会社を辞めて独立起業した時点でもう軌道に乗っていれば失敗する恐れは極端に減っているハズです。

 

リスクとか危険という表現は非常に抽象的で、扇動的で、一種の暴力性のある単語ですが、それだからこそ余計に言葉の定義づけ・意味合いを持つことが大事です。

 

具体的に何がどうなのかをはっきりさせ、言葉の中身を知り、理解し、検討することが大切です。

 

話が少しズレましたが、会社を辞めて独立起業することには失敗する恐れもありますが、一方で「成功する=上手くいって今より多くの収入も得られすばらしい人脈も得られ人生が好転してハッピーな生活を送れる」という可能性だってあります。

 

無限の可能性を秘めています。

リスクという抽象概念で判断するのではなく、その中身を確認して評価し、自分の進むべき道を選び、またいずれにしても自己責任の原則を貫くという姿勢を持って自分の人生は自分で決めることが肝要だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…
  2. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  3. 2018-2-1

    私が定期的に歯医者に通っている理由

    一昨年くらいから、私は定期的に歯医者に通っています。別に虫歯があるわけでも何でもなく、いたって正常で…
  4. 2019-3-19

    なぜ、不動産投資をするのか?

    世の中では「理由」で動く人のほうが多いですが、私は「目的」で動くほうが大事だと思っています。 …
  5. 2017-8-6

    投資(不動産投資)のススメ

    不動産投資で経済的自由を手に入れようと思うなら、まずはおおざっぱでも構わないのでとりあえずの目標を持…
  6. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  7. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  8. 2019-8-26

    営業職を毛嫌いしてはいけない

    大学3年生の中には、もう再来年の就職に向けての活動を始めている人もいると思います。 なかな…
  9. 2018-6-7

    お金持ちが政権安定を望むわけとは?

    先日のニュースで、あるアンケート調査によると「富裕層ほど現政権の維持を望む声が多くなっている」・・・…
  10. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る