「誰が」言ったかが重要視されるのがSNS時代

会社内では「誰が言ったのか?」が重要視されたり、逆に、誰が言ったかは重要ではなく「何と言ったのか?」が重要視されたりするときがあります。

 

ワンマン経営の会社の場合、発言の中身よりも「誰が言ったのか」というほうに重きを置く場合が多く、それはすなわち「ワンマン経営者が言ったことは非正論で非倫理的で非道徳的で法令違反なことであったとしても不思議と社内では優先される・・・」ということになります。

 

本来であれば「非正論で非倫理的で非道徳的で法令違反なこと」は排除されてしかるべきであり、そんなヘンなことは通用しないことが当たり前!なのですが、狭く偏った世界では「誰が言ったのか → ワンマン経営者が言ったことならそれが正しい」という誤った価値観・方向感が出てしまうわけです。

 

会社に限らず国家単位で見ても同様ですが、長い目で見れば「人類はそうした過ちを幾度となく繰り返しては崩壊していく」ということを重ねています。

 

何とも愚かなことであり残念なことです。

 

・・・・・・・・・・・・・

SNSにおいては「フォロワー数」という形でその人の影響力が数字で「可視化」されています。

 

フォロワー数という数字によって、たとえば「フォロワー数10万人=超すごい人」「フォロワー数10人=まったくもってすごくない人」などと勝手にその人の価値をも決めてしまうヘンな傾向があります。

 

さらには、フォロワー数が多い人の発言は(仮に中身がたいしたことなくても)「すごい人の意見だから正しいに違いない」という偏見にも似たバイアスがかかったりします。

 

逆もしかりです。

 

フォロワー数が少ない人の発言はかき消されて表に出ることはまずありません。

どんなに正論を振りかざして素晴らしいことを述べたとしても、残念なことにそれが世に出ること自体がほとんどないし、出たとしてもあまり評価されません。

 

これがSNSの一つの現実だと思います。

 

SNS時代というのは、「何を」言ったかより「誰が」言ったかのほうが重要視されていると言えます。

これはつまりは「属人的価値」が重視されていることになります。

 

属人的価値というのは、有名な人・成功者・第一人者と位置付けられるような人が発した言葉は、その中身にあまり関係なくそれなりに重要視されることを指します。

 

仮に同じことを他の普通の人が発したとしても見向きもされませんが、その人が言ったというだけでもてはやされたりするわけです。

 

例えば、イチローの名言はイチローが言うからこそ価値があるわけで、何者でもないタダの一般人が同じことを言っても鼻で笑われるか無視されるだけです。

 

「属人的価値」の情報は、フォロワー数の多い人の特権とも言えます。

 

これらに対して「非属人的価値」の情報というのは、「誰が言ったか?」に影響されず、その中身で判断されます。

 

「非属人的価値」を中心とした情報発信に視点を移し、価値の大小を判断する器量が大切だと思います。

 

そして、ここで大事になってくるのは「意見では なく事実を言って いること」かもしれません。

 

意見が重視されるのはどうしても属人的価値になりますから、意見よりも「事実や真実に焦点をあてる」ということに重きを置くほうが良いと思います。

 

(SNSで言えば)事実であれば自分の「体験・実践」を言うので事足ります。

 

そこで「自分の考え方」を交えると「意見」になって反対意見や反論が出てきますが、事実だけであれば誰も否定できないし文句もつけられません。

 

「証拠画像」があればなお強くなります。

「百聞は一見に如かず」と言われますが、実際の「写真」や「画像」には訴求力があります。

 

ここで重要なのは、とどのつまり「情報自体に価値がある」と認識されるかどうか・・・いうことです。

 

〇〇さんが言っているから価値がある・・・ではなく、情報自体に価値がある!・・・と評価されるところがポイントです。

 

これが「非属人的価値」の本質だと思います。

 

「何を」言ったかよりも「誰が」言ったかが重要視される組織や世界で生きているのか、それとも情報自体に価値があれば誰が言ったかは関係ないと認識される組織・世界で生きているのかを正しく理解することは大事なことだと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-9-1

    特定商取引法に定められた電話勧誘に関する法規制

    毎日、必ずと言っていいほど「迷惑な営業電話」がかかってきます。 自宅の電話にも携帯電話にも・・…
  2. 2019-6-3

    不動産投資(賃貸事業)のしくみ

    中古マンションやアパートや一戸建てを賃貸に出すことで「家賃」を得て、それを自分の生活費として暮らして…
  3. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  4. 2017-9-12

    人生をマージャンに例えると・・・

    将棋や囲碁というのは2人で対局して行いますが、両者ともにスタート時点では(ハンデを除けば)対等です。…
  5. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  6. 2020-10-19

    人生で重要な1番と2番=健康とお金

    老若男女、生きていくうえでと重要なことの最大テーマは?・・・というと、 1.健康 2.お…
  7. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  8. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  9. 2016-12-23

    【知ってましたか?】ATMで1万円を「千円札10枚」で引き出す方法

    人から教えてもらったやり方ですが、最近のATMは相当賢いようで、お金をおろす時にちゃんと券種まで理解…
  10. 2019-9-7

    本を買いすぎて貧乏になった人はいない!

    自己破産をしたり、貧困生活を送る羽目になってしまう主な原因は「過剰な消費活動」にあります。 も…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る