まずは「考え方」、次に「行動に移すこと」!

人は、夢や希望が叶ったとしても、その喜びが長続きせずいつしか失望に変わったり時に絶望に堕ちたりしてしまうことがあります。

 

なぜなのか?

それは、夢や希望として望むものを手に入れたとしても、それが「偶然(=たまたま)によるもの」だったから・・・かもしれません。

計算されたうえでの獲得・実現ではなくたまたま手にしたものだった・・・というとき、その一瞬は嬉しいのですがその後嬉しさが長続きせず、逆の反動が出たりします。

 

「たまたま(偶然)」に委ねている限り、真の幸せや成功は手に入らないと理解したほうがベターだと思います。

 

・・・・・・・・・・・
自分の人生を運命とか宿命のせいにして自分の普段の行動や思考・発想にその責を求めていない人は、日々世間に翻弄され続けるだけで楽しい日々を過ごせません。

 

日々を一喜一憂して過ごす人の主な共通点は「先が見えていない/先を見通せていない」ことにあります。

 

ここが大事なところです。

 

戦時下に置かれている人も「先が見通せない」ため日々を一喜一憂で過ごします(それは本人の責ではありませんしやむを得ないことですが・・・)。

 

私たちは平和な国で平和に自由に暮らせるのですから、その恩恵を享受しない手はありません。

 

欲しいもの/望んだものを「狙って(意図的に/必然的に)」手に入れられる人になることが大切だと思います。

 

そこで重要なのは、まずは「考え方」です。

そして、次が「行動に移すこと」です。

 

発想・思考と実践行動力が大切です。

 

そこに真の喜びの「設計図」が隠されています。

 

せっかくの縁、一度きりの人生(しかも長いようで短い)ですから、自分の思考と行動で意図的に欲しいものを得て夢を実現させるという段取りにしたいものです。

 

偶然ではなく必然で手に入れたときは、その喜びが長く続きますし、自信がついてその後の行動にも好影響を及ぼします。

欲しいもの、望むものは人それぞれですし、他人が強制するものではありません。

 

どういうライフスタイルを送ろうとも、どんな幸せを手にしようとも、全体を10としたらその半分以上は「必然的な成功・勝利」で占めたいものです。

 

いつ訪れるかわからないような偶然をただただ受身的に待ち続けるのではなくて、自らの意思で自分の願いを叶えられるような人生を送れると良いですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-4

    1億円のイメージを具現化してみる

    多くのサラリーマンアは、今より給料がアップして年収が増えたらいいなあ・・・と思っています。 そ…
  2. 2018-5-7

    ドラえもんの未来小切手帳

    日本の「ドラえもん」にそっくりなキャラクターデザインを中国の会社が商標登録していたのを中国の裁判所が…
  3. 2017-6-11

    「新築アパート」の大家さんが収益をうまくあげられない理由

    不動産投資とは「家賃収入を得ること」と言い換えることができます。 日本国内には多くの「大家さん…
  4. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …
  5. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  6. 2018-9-18

    【必読】不動産投資では賃貸管理会社選びも重要です

    不動産投資は、所有する不動産物件から毎月「家賃収入」を得ていく流れです。その際、所有する不動産物件の…
  7. 2019-11-12

    現役時代に「投資」の経験をしてリスクを下げておこう

    人は「経験したことには耐性を持てる」ことが多く、2回目以降は「初めて」のときほどは怖くはなくなるもの…
  8. 2022-1-18

    長きに渡って通用するものを身につけよう!

    勉強でも仕事でも、人は短期で結果が出ることを追い求めがちです。 確かに「求…
  9. 2022-7-9

    周囲の状況は「自分」を映す鏡のようなもの・・・

    W・クレメント・ストーンの言葉に 「環境選びは慎重にしましょう。 なぜなら、環境はあなた…
  10. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る