元・銀行員…がお金のプロとは限らない

インターネットを利用して、セミナービジネスや、情報商材ビジネスや、塾・サークルビジネスを始める「元・サラリーマン」がいます。

たいていは、その人が「元・働いていた業種や業界」に関係するビジネスを始めます。

なぜなら、その道の「プロ」という触れ込みをしやすいから・・・です。

ところが、いくらその道の「プロ」と謳っていても、消費者(購入者)の立場で言えば、本当に「その道の」プロかどうかをまずは疑ってかかることが大事です。

なぜなら、中には「自称プロで、実は素人」の人が多いからです。

素人から何を教えてもらっても、ほとんど役には立たないし、むしろ間違ったことを指導される恐れがありキケンです。

たとえば、「元・メガバンクの行員でお金のプロ」という人がいるとします。

お金の教養を持たない人は「元・メガバンク行員」というだけで、何かすごい人!でお金に関していろいろ詳しい人!・・・と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

すべての人がそういうわけではなく、むしろそういう人はかなり少数に限られると理解したほうが当たりです(またくゼロというわけではありませんが・・・)。

その人がまだ若い人であれば、銀行で使いモノにならなくて辞めざるを得なくなった人かもしれないし、年配の人であれば出世競争から外れてリストラの対象になった人かもしれません。

いずれにしても「セミナー事業をやりたい!」「情報商材ビジネスをやりたい!」「塾・サークルビジネスをやりたい!」と自ら決意して退職したのでなければ、要は「銀行という組織からお荷物扱いされただけの人」である可能性が高く、おそらく「銀行内では辞められると困ると思われたような優秀な人ではなかった」・・・と思われます。

なぜなら、自らが決意して自分のやりたいビジネスで生計を立てていこうと独立したのでないなら、本当は銀行を辞めるつもりもなく、できることなら終身働いて安定した給料を欲しかった人・・・のハズだからです。

また、いくら「元・銀行員」と言っても、銀行員なるがゆえに金融商品の売買で私腹を肥やすことは禁じられていたはずで、つまり金融商品を「販売する」ことは仕事としてやったことがあるかもしれないけど、金融商品で「実際にお金を儲けた」経験はない人だと推測できます。

もっと極端なことをいうと、以前に銀行に勤めていた経験があるけども、就いていた仕事は会社内の総務や人事の仕事だった…とすれば、もはや完全に「お金のプロ」とは呼べません。

実際に自分でやったことのない人のことを世間では「素人」と呼びますし、あるいは「評論家止まりの人」とも言います。

いずれにしても、実績のない人の言葉を鵜呑みにして(肩書だけを信用して)騙されないようにすることが肝要です。

まあ、元・銀行員に限らず、そうした自称「元・〇〇〇」という人はたくさんいます。

もちろん、中にはすばらしい人、実績豊富で経験も豊かな人もいらっしゃるでしょうから、すべての人が素人で信じるに値しない人だというわけではありません。

だからこそ、余計に「肩書・表見上の触れ込み」を簡単に信じて騙されることのないように、しっかりその人の中身・本質を見て物事を判断することが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-5-1

    【FX】投機の3段階とは?【株式】

    銀行預金の利息があまりに低い時代ですから、ただ銀行に預けていてもお金がどんどん増えることはありません…
  2. 2015-7-30

    1万円札の鳥はキジ?鳳凰?

    紙幣に描かれる動物は全8種類 お札には数字や文字や絵などいろんなことが描かれています。 …
  3. 2019-9-14

    アメリカで注目される「FIRE(ファイア)」

    アメリカの若くて高報酬を得ている人に「あなたはFireになりたいですか」と聞けば、通じる人には通じる…
  4. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  5. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  6. 2017-11-23

    1日8時間労働に囚われていませんか?

    今日(11月23日)は、勤労感謝の日ですね。 いつも健康で働ける身体があること、働く職場がある…
  7. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  8. 2017-10-2

    就労収入から権利収入へ

    収入には大きく分けて2通りあります。 1つは自分の身体を労働させてお金を得るという「就労収入」…
  9. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…
  10. 2017-10-9

    【注意】貯金がないのに不動産投資を始めてはいけない

    家計における基本的なお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 つまり、「お金を増やす」…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る