相手の自己重要感を高めてあげれば、人間関係は悪くなりません

職場での問題のほとんどは「人間関係」にある・・・と言われます。

 

なぜなら、そこに集う人というのは、生まれも育ちも、受けてきた教育・躾も、年齢も、住んでいる場所も、家族構成も違う人たちなので、言うなれば「価値観が違う」からです。

 

異なる価値観同士をぶつけても、何も生じないどころか軋轢を生むだけです。

 

自分の価値観と他人の価値観を戦わせても基本的にどちらの勝利もなく、あえて言えば「職位が上の人が勝つ」・・・です。

 

会社組織ではそういうことが往々ににして起きるため、それに嫌気がさした人は早々に会社から退場して消えてきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

人の輪の中で長く存在して生き延びていくには、「和を重んじ、仲良く振る舞う」ことも必要です。

 

それには「相手の良いところを見つけ、褒め称える」ということも大切です。

 

人の良い点を見つければその人との関係が良好になる・・・というメリットがあります。

 

逆に、人の欠点を見つけてもそこから得るものは何もない、といって良いと思います。

 

また、他人の悪口を言うと、場合によってはそれに尾ひれがついて二次災害を生む恐れもあります。

 

会社という多くの人が集まる集合体は、多様な価値観の集まりでもあり、その中でうまくやっていくためには、「人はそれぞれ価値観が違うのは当然であり、相手の価値観を変えようとしてもそう簡単に変わるはずもない・・・」と悟ることが必要です。

 

大事なのは、相手を変えようとするのではなく、かと言って自分を無理やり変えるわけでもなく、心がけるべきことは「相手の自己重要感を高めてあげる」ことかもしれません。

 

相手は自分のことを話したくて(自慢したくて)仕方がない場合も往々にしてあるものです。

 

そうした人の気持ちの機微を知り、相手の自己重要感を高めてあげられる人になれば、自然と好感を持たれやすく、またその人自身が「魅力的な人」に見えやすくなります。

 

人間社会というのは、自分の存在をアピールすることも大切ですが、一方で「相手の存在をキチンと認めてあげる」ということをしなければ、やがては自分も存在場所を失ってしまうものだと思います。

 

相手の存在価値を認め、相手の自己重要感を高めてあげることをちょっとだけでも意識してみると関係は改善されると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-1

    一流は「間(ま)」を縮める努力をしている

    毎日何かを連続してやっていると、次の日は「前回(前日)の終わり」からスタートできます。 ところ…
  2. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…
  3. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…
  4. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  5. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…
  6. 2017-9-9

    【投資】ローリスク・ハイリターン商品が無いわけ

    投資でも投機でも、リターンを求める行為に「リスク」は付き物です。 人はリスクを嫌いますから、一…
  7. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  8. 2018-2-27

    営業で売り込まれることを人は望まない

    下手くそな営業手法は「売らんがために自分勝手で、都合の良いことだけを喋りまくる」ようなやり方です。 …
  9. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  10. 2018-1-15

    楽しいからラク⇄ラクだから楽しい

    漢字で書くと「楽しい」も「ラク」も「楽」という字ですが、楽しいとラクはちょっと違います。 楽し…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る