コロナ問題が起きた今だからこそ自分の理想の生活を想像してみよう

コロナウイルスが現われる前のサラリーマンと言えば、「朝早く起きて会社に出社し、夜遅くまで残業して家に帰宅する、もしくは、残業のない夜は同僚との飲みに行って憂さ晴らし・・・」というパターンの日々が多かったと思います。

 

家に帰って奥さんに愚痴をこぼす人もいれば、独身で愚痴をこぼすのは専ら友人や同僚たち・・・という人もいたと思います。

 

特に会社の後輩たちと飲みに行くと、必ず会社の不満や今の生活の不満を話すのが世の中の常です。

しかしながら、コロナの流行によってそうした生活パターンは一変し、多くの人は生活習慣に変化があったと思います。

 

改めて、自分は本当はどうしたいのか?どんな生活パターンを望んでいるのか?・・・と自問してみるのも良いと思います(たいていの人は明確な答えを出せないような気がしますが・・・)。

 

毎日、何となくダラダラ~と過ごしてしまって、特に夢や目標を持つわけでもなく、もしくは昔は持っていたけどとっくに忘れてしまった/捨ててしまった・・・という人が多いように思えます。

 

具体的にやりたいことが無いわけです。

・・・・・・・・・・

今の生活・仕事に不満がある!・・・と言いながらも、じゃあ自分は本当はどんな生活をして、どんな仕事をすれば満足なのか?・・・と聞かれると答えられない/自分の将来のビジョンが想像できない、という人は実際多いと思います。

そんな状態が続いているようだったら、たとえコロナ問題がどう落ち着いても、また今から5年経とうと10年経とうとも、おそらく今と状況は何ら変わらないと思います。

 

自分のなりたい姿を具体的にイメージできていなければ、その状態になることはまずもってムリだと思います。

 

ある意味では、今の不満な生活・仕事状態は、数年前からの自分が作り上げてきたものです。

今から5年後…10年後の未来は、今の自分が創造して作り上げていくしかありません。

 

人間は、自分で想像できないものを作り上げることはできません。

でも、想像できたことであれば、時間さえかければいくらでも作り上げることができます。

5年後に自分の理想とする生活・仕事状態を獲得しているためにも、毎日10分でもいいので「理想の生活・仕事状態イメージする」と良いと思います。

 

自分の将来は自分で作るしかありません。

多くのサラリーマンは、自分の将来さえも他人任せにしていて、それを不思議と思っていない節があります。

 

私からすればそれが不思議です。

 

そのくせ、思い通りにならないことがあるとすぐに他人のせいにしたり批判したりして、ある意味ではちょっと卑怯・・・といえるかもしれません。

タダのサラリーマンから脱却して優秀なサラリーマンとなるか、もしくはビジネスマンとなるべく自分の理想の姿をイメージしてそれを忘れないようにすることが、コロナ問題で自分の時間をとれるようになった今の時期には大切なことのような気がします。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-7-22

    【必読】お金持ちになるコツ(願望の叶え方)

    英語を話せるようになりたければ、英語を話せる人に近づき、教わることがコツの一つです。 スペイン…
  2. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  3. 2018-11-2

    「期待値」で判断する投機手法

    人は、投機したお金が0円になる可能性がある・・・と最初からわかっていれば、その投機を控えるか少額に抑…
  4. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…
  5. 2017-5-26

    大切なことは「始めること+続けること」

    相田みつをさんの言葉に 「そんとくか 人間のものさしうそかまことか 佛(ほとけ)さまのものさし…
  6. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  7. 2017-12-17

    【必読】借金返済が一生終わらないのはダメなことなのか?

    一般的に「お金を借りる」と、その後は「元金+利子の返済」となります。 着実に実行していけば、か…
  8. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…
  9. 2019-8-13

    「○○には価値がある」と思っている人を見つけてその○○を売り込む

    経済的に自由に生きたければ、早く自立することが必要です。 そのためには「稼ぐ力」を身に付け…
  10. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る