達成しやすい環境に身を置く

「夢を実現できるか否かは、途中で諦めるかどうかにかかっている。必要なのは強い情熱である」
スティーブ・ジョブス(アップルの創業者)

 

「成功の秘訣は情熱、パッションを持つことだよ」

ジム・ロジャーズ

 

・・・・・・・・

環境は目標を達成したり、成功するための近道として非常に大切な要素です。

〇〇になりたければその〇〇を多く輩出している学校や塾やサークルなどに加入して、周りに目的を同じにした人たちと多くの時間を過ごすことが一つのコツです。

 

語学に精通・堪能したければ、その言語の指導実績のある講師から学べる環境に身を置くことが近道です。

 

東大に合格したければ東大の進学実績のある塾に通うことが一手ですし、実際そうした環境に身を置かなけばなかなか目標を達することは難しいと思います。

 

周囲に同じ目的を持った人がたくさんいることでお互いに切磋琢磨できます。

 

そこにいる他者のレベルが高ければそれについていこうと必死に学ぶことができ、自分を高めることが早められます。

 

ビジネスや伝統芸能など、さまざまなジャンルで結果を出している人たちがいらっしゃますが、そうした人たちと一緒にいる環境はいつも学びの宝庫です。

これまで全く知らなかった情報が飛び交う環境に身を置き、

本来なら交わることがなかったような人たちと交流することができると人生は大きく開花します。

 

なぜならそこには自分の知り得なかった「情熱」が存在しているからです。

 

それに触れることによって自分の中の引き出しが一気に増えていきます。

 

成功者たちは皆「情熱の塊(かたまり)」を持っています。

情熱があれば人はポジティブな状態を保つことができ、何事にも前向きに取り組むことができます。

 

やりたいことを実現したりビジネスに成功している人たちも生まれもって成功者だったわけではありません。

皆、目標を明確に見据え、努力の末に成功をつかみ取ったわけです。

冒頭のスティーブ・ジョブスジム・ロジャーズの言葉のように、成功者の原動力となっているのが情熱だと理解すると良いと思います。

 

そして、人やお金はそうした情熱的な人のまわりに集まる、という現象が腑に落ちると、自分のやるべきことの一つが明確になります。

 

つまり「情熱を持つ/情熱を絶やさず行動する」ということです。

 

その触媒となる意味でも、「成功を目指すなら成功者と付き合うのが一番/成長を求めるならワンランク上の人たちの中に身を置く」・・・ということを意識すると良いと思います。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…
  2. 2019-3-27

    副業をするなら意識しておきたいキーワード3つ

    サラリーマンの中には、本業の仕事以外に「副業」として土・日などの休日に働こうとしている人も増えてきて…
  3. 2018-2-23

    妬み、嫉み、僻みを「羨み」に替えよう!

    他人に嫉妬(しっと)したり、他人のことを僻(ひが)んだりする人は人から嫌われます。 だから、「…
  4. 2017-4-22

    仕事を効率よく行うコツとは?

    あと1週間くらいでゴールデンウイークですね。 溜まっている仕事を片づけなければいけない・・・ゴ…
  5. 2017-12-20

    仕事とプライベートの時間の違い

    仕事とプライベートの時間の過ごし方にはいくつもの違いがありますが、そのうちの一つがこうです。 …
  6. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  7. 2016-12-14

    【必読!】不動産投資で気をつけるべき「3つのポイント」とは

    マンションを買って家賃収入を得よう!・・・と最近は、本当にいろいろなところで取り上げられるようになっ…
  8. 2021-5-19

    【クイズ】高級羽毛布団はどうやって売れるようになったのか?

    あるお店での実話です。 そのお店の店頭では2種類の価格設定で羽毛布団が売られていたそうです。 …
  9. 2017-2-11

    ピンチの時、イモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになる?

    人が心を入れ替えて変化を起こす時というのは、たいてい何か辛い経験をしたときだと思います。 あま…
  10. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る