会社組織のトップ3内に狙って入ろう!

怠惰な仕事ぶりで会社のお荷物社員となって存在している古株中堅のサラリーマンがいます。

中にはリストラを宣告されて、会社にとどまり続けたいなら給料を減額しますが構わないですか?・・・という選択肢を提示される人もいます。

自業自得と言えばそれまでなのですが、誰でもそんな道は歩みたくないものです。

そこまで追いやられてやっと転職を考えたものの、自分の能力・スキル・経験等では今の給料を維持したまま他の会社に移ることは無理だと気づき、時すでに遅し・・・と悟る人もいます。

家庭内では「〇割も給料が下がって子どもの学費はどうするの?家のローンはどうするの?」と詰められ、肩身が狭くなってしまうかもしれません。

毎日何も考えずにただ会社にぶら下がって何となく日々の業務に就いているだけでは、やがて自身の能力が退化して本当にリストラ対象になる恐れあります。

どうすればよいか?

簡単です。

この逆を行けば良いだけです。

毎日何かを考えて意識して仕事を行ない、自身の成長を目指して常に努力を怠らず、会社の利益につながる結果を残せば良いだけです。

「サラリーマンとして令和時代を生き抜いていく」ためには、社内の中で「リストラ対象」にならない立場を獲得することが必要です。

会社は正直なもので、自社にとって有益な社員は手放しません。

自社の利益に大きく貢献してくれる社員を手放すほど会社はバカではありません。

会社にとって「居なければ困る社員になる」ということを一つの目標に掲げておくと、自分のやるべきことが見えてくるかもしれません。

場合によっては「職場変更/異動」も見据える覚悟が必要かもしれませんが、そうした覚悟と姿勢がないと「サラリーマンとして在籍し続ける」保証は得られません。

たとえば「営業成績3位以内」というポジションについていれば、ほぼリストラ対象になることはないと思います。

大多数のサラリーマンは営業職に就くことを嫌い、避けようとします。

でも、会社にとって「売上・利益」は必要不可欠なものですから、それを生んでくれる営業職の社員・・・しかもその上位トップ3のメンバーというのは貴重な人財となり得ます。

ほとんどの社員はただ何となく頑張ってるだけ・・・ですから、その中で「意識して自分の存在価値を高めることに努めている」人とは自ずと向かう先が違ってきます。

がんばっている方向性が「リストラ対象にならない」というのはちょっとおかしなものですが、中堅社員の立場で会社幹部になっていない自分の立場をよくよく理解することも大切です。

一番うまくないのは「目的も目標も基準も何も無い状態でがむしゃらに業務に就いているだけ・・・」という投げやりな勤務姿勢です。

そうした状態ではいくらがんばり続けても外的環境に命運を委ねた状態なので将来に対する一抹の不安をぬぐことはできません。

「狙って自分の幸せを掴む」と意識すると良いと思います。

どんな組織体系であれ、会社組織のトップ3内に入っていればまず安泰です。

すぐにできなくても「すぐに意識する」ことは誰にでもできます。

あとはそれを「継続して行動する」という態度を取ることができるかどうかにかかってきますが、ぜひ前向きに取り組んでもらいたいと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-9-23

    【重要】あなたが得る収入の「本質」とは?

    よく言われることですが、人生で大成功をする人というのは自分のことだけではなく、他人も成功したり幸せに…
  2. 2017-1-31

    文句を言いたげな社員を味方にする方法(ソクラテス式のマネジメント術)

    サラリーマンというのは自分勝手な生き物で、入社するときはさんざん美辞麗句を並べて、何とか採用してもら…
  3. 2017-4-13

    企業にとっての「優良顧客」とは?

    自社商品を購入してお金を支払ってくれる人はどんな会社にとっても「お客さま」ですが、あえて区別をすると…
  4. 2021-3-31

    自宅用に購入した不動産を賃貸にまわす

    サラリーマンとして働く別々の2人がまったく同じ4000万円の家を購入したと仮定します。 &nb…
  5. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…
  6. 2017-10-6

    去年よりは今年、今年よりは来年!毎年収入を増やす発想

    人は、お金の絶対額が同じでも上がってその金額になるのは嬉しく、下がってその金額になるのは悔しく感じる…
  7. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  8. 2016-12-8

    あなたは「お金の教育」を受けたことがありますか?

    世の中には自己流でも特段問題なくやり過ごせることと、自己流ではやり過ごせないことがあります。 …
  9. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  10. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る