「孫子」「易経」「老子」という兵法書

会社組織の上位職に就いているリーダーなど、多くの人の上に立つ人ほど「人格の良さ」が求められますが、加えて「環境適応力」も求められるものです。

 

ちょっと極端に言えば、人格がどうであっても上位職に就くことはできますが、環境適応力が弱いと上位職に就くことは(一般的には)できません。

 

各種リーダーなど人の上に立っている人には環境の変化に適応していける発想や思考法を身に付けてもらいたいものです。

 

「そうした発想・思考法」を身に付けるとどうなるか?・・・というとピンチをチャンスに変えられるようになります。

 

これは結構重要なことだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・

人が生きていく/会社を運営していく過程では、必ず「さまざまな問題に直面」します。

 

問題を解決できなければ、ピンチのままアウト!となります。

また、単純に解決するだけでもあまり意味がない・・・かもしれません。

解決すると同時に、そのピンチを逆に良い機会としてそこから飛躍することが大事です。

 

有名な「孫子」という兵法書にはそうした問題を解決するための思考法が書かれていると言われます。

そのため、現代社会においても孫子を学び続けるリーダーは多いですし、未だに孫子の人気は衰えていません。

 

また、似たような観点で言えば「易経」「老子」という中国古来の兵法書も有名です。

古(いにしえ)より戦争・天災・不治の病などによっていろいろな困難に直面してきた人類は、その苦しさに耐えながら、問題を解決に導こうと努め、そうした困難に打ち克つ思想を育んできたと言えます。

 

その代表的なものが、中国の「孫子」「易経」「老子」なのだろう・・・と思います。

 

これらは、すべて「変化対応」を説いている・・・と言われています。

→ 「孫子」では「変化の中での問題解決の思考法」を説いています。

→ 「易経」では「変化の中でこうすればこうなる」ということを説いています。

→ 「老子」では「変化の本質を見極めることの重要性」を説いています。

 

だから、これだけ時代を経ても今なおこれらの書籍が本屋さんの店頭に並び、それなりのリーダー諸氏たちが絶賛し続けているのだと思います。

 

「孫子の兵法」に加えて「易経」や「老子」を学べば、変化対応力がかなり身に付くと思います。

その結果、問題解決の達人に近づけるようになります。

 

リーダーは「問題解決の達人」を目指すくらいでちょうど良いと思います。

 

巨大な壁が目の前に立ちはだかったとき、そこで押しつぶされて消えてしまうのか、それともその困難を克服して壁を乗り越えて行けるか・・・がその後のその人の人生を大きく分けます。

 

どんな苦境にあっても、そこで挫けることなく、時間をかけても必ず克服して逆転していけるリーダーを目指して、多くのサラリーマンに今から勉強・研鑽を積んでいってもらいたいな・・・と思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-14

    【リーダーシップ】下の世代に受け継いでもらうこと/もらわないこと

    ハンムラビ法典にある「目には目を歯には歯を・・・」というのは、要はやられたらやり返せ!ということで、…
  2. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  3. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  4. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  5. 2018-9-26

    企業の成長期・発展期は借金経営のほうがベター

    一般的には、家計において借金はしないほうがベターです。 なぜなら、その借金は「消費」に充てられ…
  6. 2020-3-25

    【2020年3月株式暴落状態】株価暴落時の株の買い方

    3月の株式市場では上場している株式がほぼ全面安・暴落状態となり、ほんの1ヶ月前と比べると2割~3割ほ…
  7. 2017-3-4

    キチンと行えば不動産投資は怖くない

    不動産投資をしている人と不動産投資をしていない人では、私が知る限りでは不動産投資をしている人のほうが…
  8. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  9. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  10. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る