インフレと銀行預金の利息の関係とは?

インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。

たとえば、今現在の銀行の預金金利が1%だとします(実際はその100分の1ですが)。

一方でインフレ率が2%だとします。

これが明らかにわかっているとき、普通の人に「あなたはそれでも銀行に預金しますか?」と尋ねると、多くの人は「ノー」と答えると思います。

なぜなら、銀行にお金を預けていても、お金の価値が目減りしていくことは歴然としているから・・・です。

→ 預金金利が1%なので、100万円を1年1預けると101万円になります。

しかし、インフレ率が2%ということは、世の中に出回っている100万円の商品の価値は1年後には102万円となり、1年後に銀行からお金をおろして買おうとしても買えなくなっています。

でも、今なら100万円でその商品を買えます。

利益・儲けの観点で言えば、今その商品を持っている人は、今100万円で売るよりも、1年間寝かしておいて1年後に売るほうが2万円高く売れます。

あるいは、今その商品を持っていない人でも、今すぐに100万円で買っておいて、1年後に102万円で売れば、「2万円の儲け」になります。

「今の100万円の価値の商品は1年後には102万円の価値になっている」ということが明らかである・・・・・・という前提での話でしたが、未来の物価のことは実は誰にも確約することはできません。

なぜなら、未来は不確定なものだからです。

でも、多分そうなる可能性のほうが高い・・・と判断し、そうならなかったときのリスクを自己責任で背負える人は、予めそうした行動を取ります。

まあ、皆がそんなことを考えて実行し出したら誰も預金をしなくなり、銀行は困ります。

そこで、銀行はインフレ対策を講じて、もしインフレ率が2%であるなら預金金利をそれ以上の3%などに設定します。

時間のズレはありますが、後追いの形で基本的には「インフレ率<銀行預金金利」を維持しようと努めるわけです。

つまり、そうした流れがあって「インフレになると銀行の預金金利が上がる」・・・となり、もちろん預金金利だけではなく「貸出金利」も同様に上がっていきます。

「預金金利<貸出金利」となっていなければ、銀行はおまんまの食い上げです・・・。

あとは、それがイタチごっこのように追いかけ、追いつかれ…の繰り返しになりますが、言えるのはそうした連鎖反応が起きるとき、物価はガンガン上昇していく!・・・ということです。

→ 果てには「バブル」と呼ばれたりします。

ちなみに、「金利」と一言でいいますが、貸出金利のことを「利子」と呼び、預金金利のことを「利息」と呼びます。

インフレと銀行預金の利息の関係を理解し、銀行に預けておくままでよいのか?それとも何かしらの「商品/資産」に換えて保有しておくのが良いのか?・・・を自分の判断で実践することが大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-14

    年収ばかりを追い求めないで・・・

    人が幸せを感じる主な要因の一つに「お金(収入・貯金)の満足度」が挙げられます。 確かに、収入が…
  2. 2018-5-7

    ドラえもんの未来小切手帳

    日本の「ドラえもん」にそっくりなキャラクターデザインを中国の会社が商標登録していたのを中国の裁判所が…
  3. 2019-3-19

    なぜ、不動産投資をするのか?

    世の中では「理由」で動く人のほうが多いですが、私は「目的」で動くほうが大事だと思っています。 …
  4. 2017-3-5

    不動産投資=大家さんになることの意義

    世の中でいう高額な商品、つまり自分の一ヶ月分の給料では買えない商品は多々あります。 代表例とし…
  5. 2018-3-4

    「自信がある人」の共通点とは?

    自分に自信を持つことは、平常心を保てることにつながりますし、いろんな局面でその自信が良い方向へ物事を…
  6. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…
  7. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  8. 2018-6-25

    私たちにかかる全ての税金を知っていますか?

    私たちは日々いろいろな税金が存在する中で生活をしています。 所得税・・・住民税・・・消費税・・…
  9. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  10. 2018-6-3

    日大の教職員組合の要求/ピラミッド構造

    悪質タックル問題で揺れる日本大学ですが、日大教職員組合は5月31日に、内田前監督の常務理事などを含む…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る