90歳まで働けますか?

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

私は、基本的に「自由」であることを重んじています。

 

だから、自分が何歳になっても働き続けたい・・・と思っている人はそうすることが自由ですし、自分は〇歳になったら働くことを辞めて違うことをしたい・・・と思っている人はそうすることがその人なりの自由に該当すると思っています。

 

問題は「そのとおりにできるかどうか」にあると思いますが、人間、本気でやろうと思えば何とかなるものです。

 

何とかならないのは「本気で思っていない」からであり、すなわち「それを実現するための方策を練っていない」からだと思います。

 

人は本気になれば必ず「そのための方策」を練り、それの実現に向けた行動をとるものです。

 

・・・・・・・・・・・・

投げやりな言い方に聞こえるかもしれませんが、「自分は90歳まで働き続けたい!」と思う人は「90歳まで(つまりは80代まで)働けばいい」と思います。

 

個人として「国は当てにならんから自分は90歳まで働いてお金を稼ぐ・・・」と考えるのはアリです。

 

ただ、自分ではそう思っていても、世間がそれを認めてくれるかどうかは別問題です。

 

つまり、「どんな仕事をして働く/稼ぐのか?」ということですが、場合によっては自分の意のとおりにはいかないことも60代~80代であれば十分想定できます。

 

仮に働けたとしても「自分の思うほどの金額を稼げるか?」という問題もあります。

 

確率・・・統計・・・世間の常識観念・・・で考えれば、30代のそれと80代のそれとでは差があると言えます。

 

私は80代まで働く自信はなかったし、むしろそうそうに退職して「働かない生き方」を選択するほうが自分の生き方に合っていると思いました。

 

だからそうしましたし、それを後悔もしてません。

 

そのために、「なんとか生きていける」レベルを超えて「豊かな老後を築く」方法はないか?と考え、その結行き着いたのが「不動案投資による賃貸収入を得ること」でした。

 

サラリーマンは、会社に勤めているときから何らかの「副業」「自分ビジネス」を構築する意識を持つと良いと思います。

 

会社に勤めながら、一日一時間とか、あるいは土日など休日にまとまった時間をとって「副業/自分ビジネス」を作っていくと良いと思います。

 

多くのサラリーマンにはピン!とこないかもしれませんが、そうした意識を持つと「経営者意識」の頭脳になり、それが日々の仕事にも有効打となることが増えると思います。

 

サラリーマン脳経営者脳(ビジネスマン脳)は異なります。

 

会社内では経営者脳(ビジネスマン脳)を持つ人ほど重宝されます。

 

あまりイメージできない世界かもしれませんし、初めて聞いたら「ムリ」と思うかもしれませんが、真面目に2年~3年程度取り組んでみるとかなりの確率で違いが感じられると思います。

 

その違いの証左として「収入額が増える」ということが挙げられます。

 

そうやって一般的なサラリーマンの平均年収を超えるようになれば、その後の自由度はますます広がると思います。

 

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-6

    マーチンゲールの法則(勝つことよりも負けないことを考える)

    日本ではまだカジノは認められていませんが、もはや時間の問題でいずれカジノを合法的にやれる時代がきます…
  2. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…
  3. 2018-3-30

    【重要】お店商売の極意とは?

    お店商売では、お客さまに関して最低でも次の2つのことを考えて商売することが大事です。 その2つ…
  4. 2019-11-12

    現役時代に「投資」の経験をしてリスクを下げておこう

    人は「経験したことには耐性を持てる」ことが多く、2回目以降は「初めて」のときほどは怖くはなくなるもの…
  5. 2017-3-31

    てるみくらぶ倒産に思うサラリーマンの選択・・・

    会社でクビになるサラリーマンの多くは実際に「クビ宣告」がされるまで、自分の生活が常時不安定に晒されて…
  6. 2017-2-16

    見込み客・お客さまを集めるのではなくて・・・

    営業会議では、よく「客を集めるには・・・」といった言葉が飛び交います。 まあ、別にそれで間違っ…
  7. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  8. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…
  9. 2021-5-19

    【クイズ】高級羽毛布団はどうやって売れるようになったのか?

    あるお店での実話です。 そのお店の店頭では2種類の価格設定で羽毛布団が売られていたそうです。 …
  10. 2018-3-11

    【重要】税金を払ってから資産を買うか、資産を買ってから税金を払うか?

    昔、不動産投資を勉強し始めたころに「目からウロコが落ちた学び」がいくつもありました。 そのうち…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る